• TOP
  • 芸能
  • ついにリーダー出演、日曜劇場と福澤組にハマるTEAM NACS

芸能

2018.11.25 07:00  NEWSポストセブン

ついにリーダー出演、日曜劇場と福澤組にハマるTEAM NACS

『下町ロケット』で注目のTEAM NACS、森崎博之

 好調をキープしている連続ドラマ『下町ロケット』(TBS系)。前作に続いて、意外なキャスティングが話題となっているが、今回、ネットでも大いに盛り上がっているのが森崎博之の起用だ。TEAM NACSのリーダー登場が注目を集める背景と今後の見どころについて、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 順調に高視聴率を記録し続けている『下町ロケット』の6話で、ネット上が盛り上がったのは、森崎博之さんの登場シーン。森崎さんの演じる役柄は、主人公・佃航平社長(阿部寛)の同級生で北海道農業大学教授の野木博文です。

 野木は無人農業ロボット研究の第一人者であり、大学時代に佃社長と夢を追い求めた親友。6話の最後で野木は佃製作所の事業に協力することを決意しただけに、スタートしたばかりの第2部・ヤタガラス編のキーマンとなることが予想されています。

 森崎さんの登場で盛り上がったのは、主に2つの理由から。1つ目は、10年超に渡って農業番組の『あぐり王国北海道NEXT』(HBC)に出演し、「農業LOVE」を公言する森崎さんにとって、野木博文がハマリ役だったこと。特に北海道在住者や出身者から、「農業を熱く語る姿は森崎博之そのまんま」という声が飛び交っていました。

 2つ目は、佃製作所の技術開発部長・山崎光彦役で出演している安田顕さんとのTEAM NACSメンバー共演。「日本一チケットが取れない演劇ユニット」と言われるなど熱狂的なファンが多い上に、売れない時代から応援し続けている人も少なくないため、人気作の『下町ロケット』で共演したことが、大きな喜びとなったようです。

◆前シリーズでは安田顕と戸次重幸が共演

 注目すべきは、そのTEAM NACSと『下町ロケット』。引いては、同作を放送する日曜劇場、同作を手掛ける福澤克雄監督との親和性。

 今シリーズでは安田さんと森崎さんが出演していますが、2015年放送の前シリーズには戸次重幸さんが出演していました。その際、戸次さんは巨大企業・帝国重工の審査部主任・田村役を演じ、「偏見に満ちた目で佃製作所を審査する」という敵役だったため、“TEAM NACS対決”と話題に。今シリーズでは一転して、佃社長の右腕的存在である山崎と、事業への協力で左腕的存在の野木という“TEAM NACS共闘”になりそうです。

 ここまで3人が出演したTEAM NACSの残るメンバーは、大泉洋さんと音尾琢真さんのみ。ファンの間では、「今シリーズ中の出演があるかも」「第3シリーズがあれば出るはず」と期待値が上がっています。

 ただ、音尾さんはすでに同じ福澤克雄監督が手がける日曜劇場の『陸王』と『ブラックペアン』に出演済み。ドラマ出演の多くが主演である大泉洋さんも、福澤監督の手がける『LEADERS リーダーズ』への出演歴があります。TEAM NACSのメンバーが、福澤監督の手がける「熱い男たちの物語」「善悪の色が濃いキャラクター」などの世界観にフィットするのは間違いないでしょう。

 撮影現場を担う福澤監督にしても、全体を束ねる伊與田英徳プロデューサーにしても、TEAM NACSのメンバーは、人気・実力を兼ね備えている上に、助演でもゲスト出演でも輝きを放てる貴重な存在。いつかは大泉さんが1話限りのゲスト出演で、しかもとびきりの悪役を演じる日が来るのではないでしょうか。

◆来年はメンバー3人が朝ドラに出演

関連記事

トピックス