• TOP
  • 国内
  • 東京医科歯科大 OB医師の妻と現役学生の不倫トラブル発覚

国内

2018.11.26 11:00  週刊ポスト

東京医科歯科大 OB医師の妻と現役学生の不倫トラブル発覚

名門大が揺れている(共同通信社)

 婚約中の女性歯科医が、職場の先輩歯科医と性的関係を持った──その恨みから東京医科歯科大歯学部付属病院内に侵入した(別の大学の)医大生が、歯科医の既婚男性を切り付けるという事件が起きたのは昨年5月のことだった(元医大生の被告には、今年9月の2審で懲役7年の実刑判決)。

 病院内での殺人未遂事件という前代未聞の出来事に揺れた同大が、またしても学内での男女の痴情の縺れによるトラブルを抱えているという。舞台となったのは、60年の伝統を誇る同大ボート部で、OBには学部長にまでなった人物もおり、学内での存在感は大きい。

 そこで同大OBでコーチを務める40代の男性開業医と現役学生の間でトラブルが起きた。コーチと親しい人物が明かす。

「2年ほど前、ボート部のA選手が部を辞めると言い出したので、慰留するためにコーチが食事に誘ったものの、仕事で遅れるため代わりに30代半ばの妻を先に行かせたそうです。どうやらその時にLINEを交換していたようで、その後2人で会うようになっていた。

 ところが喧嘩から不倫関係がこじれ、今年9月に妻が夫(コーチ)にAとの関係を打ち明けた。妻は男女関係を持ったことや、Aに高級レストランやブランド服などをねだられて、プレゼントしていたことも告白したのです」

 後輩学生に、妻を“奪われて”いたことを知ったコーチは怒り心頭で、Aが部活を辞め、合宿所も退去することを求めてボート部のOB会に相談。さらに、大学にも強く抗議をしたという。前出・知人が続ける。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス