芸能

中谷美紀の結婚に複雑反応 過去でも不倫への風当たりは強い?

デートがキャッチされていた中谷美紀とティロ・フェヒナー氏

 元貴乃花親方と花田景子さんの離婚の衝撃が冷めやらぬなか、及川光博&檀れいも離婚を発表。さらには、RIP SLYMEのSUと大塚愛の離婚の背景に、SUの不倫相手による大塚愛への嫌がらせ行為があったと報道されるなど、男女のこじれた関係に関するニュースが多い昨今の芸能界。そんな中、幸せなニュースを提供したのが、ドイツ人のビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏(50才)との結婚を発表した中谷美紀(42才)だ。

 中谷とフェヒナー氏が出会ったのは、2016年10月。フェヒナー氏がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の一員として来日した際に、中谷と知り合ったのだという。

 NEWSポストセブンでは、2016年11月に夜の西麻布でデートする中谷とフェヒナー氏の写真を掲載。まるで映画のワンシーンのようなロマンチックな2ショットに、ネットユーザーからは、

「中谷美紀、好感度抜群。
美男美女のお似合いカップル」
「大人な2人、カッコいいね。
後ろ姿も素敵だわ」

 など、羨望の声が寄せられた。

 中谷といえば、約3年前まで渡部篤郎(50才)と交際しており、同棲もしていたが、結婚には至らなかった。2人の交際が始まったのは2000年ごろで、2004年に一旦破局。その後、2007年に復縁したという。ちなみに、中谷との交際を開始した当時、渡部はRIKACOと結婚していた。つまり不倫関係だったのだ。その後、渡部は2005年にRIKACOと離婚。中谷と破局した後の2016年6月には11才年下の一般女性と再婚している。

 渡部と交際しているときも、結婚を強く意識していたという中谷。フェヒナー氏との結婚はまさに念願といったところであり、だからこそネットでも、

「巡り会えて良かったね。お幸せに」
「紆余曲折の先に、素晴らしいゴールが待ってて良かった
幸せになってください」
「中谷美紀ってたしか10年以上わりとグチャグチャの不倫してたと思うんやけど、キッパリ収拾つけて42才から新たな道を歩み始めてるの普通にかっこいいと思っちゃう」
「中谷美紀さんの結婚で不倫している独身アラフォーが密かに元気付けられている気がする」

 など、祝福の声のほか、中谷の生き方を支持するという声も多かった。

 とはいえ、かつては不倫をしていたことが気になるネットユーザーも多く、

「不倫してた人ってやっぱりやだなぁ」
「中谷美紀ねぇ。不倫だたのはいただけん」

 と、批判的な声も少なくない。芸能界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「かつての芸能界では不倫は日常茶飯事でしたが、矢口真里さんやベッキーさんの不倫騒動以来、芸能界での不倫は“一発アウト”なスキャンダルとなった印象です。中谷さんの不倫は過去のものではあるものの、最近の流れからすると批判的な目が向けられるのも仕方ないことだと思います。しかしながら、不倫愛を解消し、やっとのことで新たな幸せを見つけたという点では、前向きな印象を抱く人も多いのでしょう。やはり“不倫では幸せはつかめなかった”ということが重要なのかもしれないですね。もしも渡部さんと結婚していたらまた違った反応だったと思います」

 不倫に対する風当たりが強いのはどうしようもならないだろうが、中谷にとっては過去のこと。とにもかくにも、すばらしい相手と結婚することができて、今は最高に幸せだろう。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン