• TOP
  • 芸能
  • 滝沢秀明が心境を告白「引退は一人で決断しました」

芸能

2018.12.15 16:00  女性セブン

滝沢秀明が心境を告白「引退は一人で決断しました」

引退の心境を語った滝沢秀明

 タッキーの愛称で親しまれ、ジャニーズJr.時代から脚光を浴び続けてきたプリンス・滝沢秀明(36才)が大きな決断をした。年内で表舞台から身を引き、プロデュース業に専念するという。その時をどんな思いで迎えようとしているのか。王子からのラストメッセージ──。

「ついにその時が来た…と思いました」。そうほほ笑むのは、2019年1月13日スタートの『連続ドラマW 孤高のメス』(毎週日曜22時、WOWOWプライム)で人生初めてにして最後の医師役に挑む滝沢。

「いつかは医療をテーマにした作品に携わるだろうなと思っていましたけど、まさかこのタイミングとは…(笑い)。舞台は自分で演出するけど、ドラマは監督に自分を預けて“料理してもらう”感覚なんです。ぼくが演じる当麻は、普段は感情をあまり表に出さないんですけど、母親とのシーンではそのポーカーフェイスが崩れるんです。そこは熊本弁で話すんですけど、初めてだったので難しかったですね。当麻には周囲に、この人についていきたい…と思わせるような、カッコよさがあって。信念を持っているところも、同じ男として憧れます」(滝沢・以下同)

 信念を貫く姿は、滝沢自身とも重なって見えるが、滝沢にも人生において大切にしてきたことがある。

「自分がやりたいことを持ちながら、その中で求められていることをしっかりとやる。自分のやりたいことだけやるのは、ただの自己満足になってしまうから」

 求められたことに応える姿勢は、雑誌の撮影でも同じだ。今回のコンセプトは、“ラストプリンス”。それを伝えると「この衣装を見たらわかりましたよ」とハニカミながらも、カメラの前で華麗に王子を演じてくれた。

 これまで、さまざまな作品に出演してきた滝沢だが、役者として転機となったのは初主演の舞台だという。

「舞台は自分の名前で集客をしなくてはいけない…というすごくリアルな世界。そこで現実を見たというか、これって仕事なんだ…ということを強く実感した気がします」

 ジャニーズ Jr. 時代から活躍してきた彼だが、プロデュース業に専念するために大きな覚悟を決めた。

「引退は一人で決断しました。来年からは環境が変わりますけど、頑張っていきます。でも今は、先のことを考えるのではなく、ファンのみなさんに対して、ぼくができることに集中したいと思っているんです。ドラマも、これが最後の作品だ…と思って撮っているのではなく、いつも通りの気持ちで演じているので。みなさんにも、フラットな気持ちで楽しんでもらいたいですね」

 どこまでもファン思い。仕事に対するストイックな姿勢を見ていると、長年“理想のアイドルとしてのタッキー”を演じてきたのでは…と思いきや、「ぼくにはそんなスイッチはないから、いつもこのまんまですよ(笑い)」とお茶目におどけた。

「日常の中で“演じる”のは、好きじゃないのかもしれない(笑い)。だって、演技は芝居ですればいいから」

 この言葉に、エンターテイナーとしての生きざまが詰まっていた。

 そんな滝沢に、今までの出演作に関するワードにかけた15の質問をぶつけた!

関連記事

トピックス