• TOP
  • 芸能
  • 高岡早紀、舞台共演俳優と密会 下心なし魔性のスキンシップ

芸能

2018.12.20 07:00  女性セブン

高岡早紀、舞台共演俳優と密会 下心なし魔性のスキンシップ

店から出てきた高岡早紀と山口馬木也

 本格的な寒さが訪れる直前の2018年11月下旬。東京・渋谷の大衆居酒屋から、ラフなジャンパー姿に大きなマスクをした女性が現れた。ほろ酔いの彼女は、横に並んだガッシリとした男性の上着の袖口をつかむと、辺りを一瞬見渡した後、しなだれかかるように腕を絡ませた。

 2人はポツポツと降り始めた小雨を気にすることなく、そのまま歩き出し、渋谷の闇に消えていった──。

 この女性は女優の高岡早紀(46才)、隣の男性は俳優の山口馬木也(45才)だ。2人は10月に開演して12月14日に千秋楽を迎えた舞台『魔界転生』で共演した。悪霊としてよみがえった魔界衆と剣豪らの織り成す物語で天草四郎の姉・お品を演じた高岡は、着物を身にまとい妖艶な姿を披露し、山口は軍学者・由比正雪を演じた。

 冒頭の日は昼の部の公演のみだったため、夕方から連れ立って食事に出かけたようだ。

「高岡さんは仕事関係の人と食事に行くと、インスタグラムに写真付きであげることが多く、舞台の共演者との飲み会の様子もよくアップしています。だけど、この日のことはインスタに一切あげられていません」(芸能関係者)

 居酒屋に居合わせた客によれば、高岡は周囲を警戒する素ぶりを見せていたという。

「山口さんの横に高岡さんが寄り添って座り、向かい合うかたちでもう1組のカップルが同席していました。周りが高岡さんに気づき始めると、彼女は大きなマスクをつけて顔を隠したりしていました。山口さんは最初からサングラス姿でした」

「魔性の女」として数々の浮き名を流してきた高岡は、「共演者キラー」でもある。過去に松尾スズキ(56才)、中村獅童(46才)、堤真一(54才)ら仕事を共にした“仲間”と次々に噂になり、最近でも2016年には舞台『娼年』で共演した松坂桃李(30才)と韓国料理店で濃厚デート。2017年には舞台『デストラップ』で共演した片岡愛之助(46才)との池袋ディナーも報じられた。

「高岡さんは『相手の男が自分のことを100%嫌いでも好きにさせられる』という独自の恋愛観の持ち主。色気がありながら飾らず自然に男性と接するので、一緒にいる期間が長い共演者はメロメロです。『デストラップ』の公演中は、休憩中にほぼすっぴんでピースする彼女の写真が愛之助さんのブログにアップされ、2人の近しい関係が噂になりました。今回の山口さんとも、舞台裏ではかなり親しい様子だったそうです」(舞台関係者)

関連記事

トピックス