• TOP
  • 国内
  • 退位イヤーを前に池上彰氏が解説「天皇とはどんな存在か」

国内

2018.12.20 07:00  週刊ポスト

退位イヤーを前に池上彰氏が解説「天皇とはどんな存在か」

 天皇の行なう宮中祭祀の中で最も重要な儀式とされるのが、飛鳥時代から続く収穫のお祭り「新嘗祭(にいなめさい)」です。天皇が即位後初めて行なう新嘗祭を「大嘗祭」と呼び、特別にお祀りをします。来年の大嘗祭には、公費22億円が予算として計上されています。

 さらに秋篠宮さまは、「言ってみれば(宮内庁長官が)話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています」と異例の発言が波紋を広げました。

 なぜ、秋篠宮発言に注目すべきなのでしょうか。詳しくは後述しますが、この会見が、天皇や皇族が抱えている様々な問題を提起しているからです。

 天皇や皇族の役割や権能は、憲法はじめ様々なルールや慣習で規定されます。

 普段、私たちはあまり意識しませんが、皇室は、長い歴史において様々な経験を積み重ね、わが国の文化や慣習に大きな影響を及ぼしています。それゆえ天皇や皇室について知ることは、憲法や政治のあり方、日本の国柄や歴史を考えることにつながります。

 今の日本人に必要なのは、退位という歴史的なイベントを前に、あらためて天皇や皇室を学ぶことです。それは、私たち自身を知ることでもあるのです。

■天皇とは何なのか

関連記事

トピックス