• TOP
  • 芸能
  • 樹木希林 脳梗塞で闘病生活を送っていた西城秀樹への気遣い

芸能

2018.12.25 16:00  女性セブン

樹木希林 脳梗塞で闘病生活を送っていた西城秀樹への気遣い

闘病中の秀樹さんへ樹木流“気遣い”

 奇しくも同じ2018年に亡くなった西城秀樹(享年63)と樹木希林(享年75)。ふたりは、1974年放送開始のホームドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS系)での共演をきっかけに、長年にわたって交流を深めていた。

 この度『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年間』(小学館)を上梓した妻・美紀さんと2001年に46才で結婚した秀樹。その結婚式でも、樹木との間には、ふたりならではのエピソードがあった。

「西城さんは、新高輪プリンスホテル(東京)の大広間に約700人を招待して行った豪華披露宴に、希林さんも招待したそうですが、『私は人が多いところには行きたくないの』とアッサリ断わったそうです」(芸能関係者)

 結婚式は、2000年以上の歴史を持つ白浜神社(静岡県下田市)で行われた。両家の親族24人が集まった中に、芸能界から唯一、参列したのが樹木だった。

「希林さんは、結婚の2年前に亡くなった西城さんの父親の話をしながら、“お父さんにも見せたかったね”と、西城さんとふたりで涙を流したそうです」(前出・芸能関係者)

 秀樹が2001年に脳梗塞に倒れ、闘病生活を送るようになってからも、樹木流の“気遣い”は続いた。秀樹の病院に見舞うことは、一切しなかったという。

「秀樹さんが復活してコンサートを再開すると、地方であってもひょっこりと顔を見せるんです。事前に一言、声をかければ秀樹さんが席を用意したでしょうけど、希林さんは自分でチケットを買って、観客席に座っている。公演後に楽屋に寄って、『元気そうね。じゃあ行くね』とだけ言って、すぐに帰って行くんです」(美紀さん)

 顔を合わせても病気の話は一切出さず、「子供の写真を見せて」など明るい話だけに終始したという。美紀さんが続ける。

「秀樹さんが倒れてから、希林さんから何度かお電話をいただきました。『秀樹はどう?』『あんたたち家族は、ちゃんと食えてるの?』と、素っ気ないけれど、希林さんらしい独特の言葉で励ましてくださっていました。今思えば、希林さんご自身も大変な状況だったはずなのに…」

 2018年5月16日、秀樹は家族に見守られて他界した。樹木は秀樹の訃報を聞いた翌日、こう語った。

「自分もそうですけど、私は人の死に対して残念とか思わないタイプなんです。みんないずれ、というふうに思っているから。でも、昨日は堪えました」

 告別式での弔辞を求められたものの、地方での仕事を理由に丁重に断ったという。

「希林さんは、『子供たちは大丈夫かしら。ふさぎ込んでない?』と、ご家族のことをとても心配していました」(前出・芸能関係者)

 樹木も9月15日、“弟”を追うように、この世を去った。ふたりの訃報を『寺内貫太郎一家』で共演した小林亜星が振り返る。

「もう残念でね。『寺内貫太郎一家』で残されているのは、浅田美代子さんと梶芽衣子さんと私だけになっちゃった。寂しい限りです」

 もうあの“姉弟”の姿を見ることはできない。だが、かれらの名演、絶唱は人々の胸に刻まれ、永遠に生き続ける。ふたりは空の上で、どんな話をしているのだろうか。

※女性セブン2019年1月3・10日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス