• TOP
  • 芸能
  • 平成にカラオケで歌われた曲TOP20 『天城越え』4位で尾崎9位

芸能

2018.12.27 07:00  女性セブン

平成にカラオケで歌われた曲TOP20 『天城越え』4位で尾崎9位

一青窈が作詞も手がけた『ハナミズキ』(2004年発売)

 たくさんのヒット曲が生まれた平成の時代にもっとも歌われた曲は何なのか。1994年4月~2018年10月の期間にもっともカラオケで歌われた曲ベスト20を紹介する(第一興商通信カラオケDAM調べ)。

第1位 一青窈『ハナミズキ』
第2位 MONGOL800『小さな恋のうた』
第3位 高橋洋子『残酷な天使のテーゼ』
第4位 石川さゆり『天城越え』
第5位 スピッツ『チェリー』
第6位 SMAP『世界に一つだけの花』
第7位 AI『STORY』
第8位 GReeeeN『キセキ』
第9位 尾崎豊『I LOVE YOU』
第10位 夏川りみ『涙そうそう』
第11位 石原裕次郎『北の旅人』
第12位 サザンオールスターズ『TSUNAMI』
第13位 吉幾三『酒よ』
第14位 桂銀淑・浜圭介『北空港』
第15位 五木ひろし・木の実ナナ『居酒屋』
第16位 シャ乱Q『シングルベッド』
第17位 湘南乃風『純恋歌』
第18位 レミオロメン『粉雪』
第19位 コブクロ『桜』
第20位 ORANGE RANGE『花』

 演歌人気がやや衰え、平成はJ-POP全盛期となった。この先も歌い継がれるであろう曲が多くランクインしている。

「昭和の曲は誰でも歌いやすい音程でしたが、平成の曲はキーの高さや抑揚のつけ方など難易度がアップ。その分、歌いこなせれば、非常にうまく聞こえる曲が増えました」(テレビ解説者でコラムニストの木村隆志さん)

「『世界に一つだけの花』は平成で売れたシングルCDの1位です。“ナンバー1ではなくオンリー1”という歌詞も競争社会ではなく、個性や自分らしさを重んじる時代の象徴。そして、言わずもがなSMAPは平成を代表するグループです」(トレンドウォッチャーのくどうみやこさん)。

※女性セブン2019年1月3・10日号

コメント

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス