• TOP
  • 芸能
  • レイザーラモンRG 「“あるある”はガヤを含めての団体芸」

芸能

2018.12.31 07:00  NEWSポストセブン

レイザーラモンRG 「“あるある”はガヤを含めての団体芸」

”あるある”について語るレイザーラモンRG

 流行した出来事を音楽に乗せて歌う“あるある”ネタでブレイクした、お笑い芸人のレイザーラモンRG(44才、以下RG)。そんな彼に、“あるある”ネタ誕生のエピソード、歌手デビューについて聞いた。

――RGさん鉄板となっている“あるある”ですが、ネタ作りのためにしていることは?

RG:ワイドショーは必ず見るようにしています。“時事あるある”を歌うネット番組をニコニコ生放送で配信しているんですけど、そこにも情報が集まってきますね。「この人が今やばいので、どうですか」って。

――“あるある”ネタを始めたきっかけは?

RG:2008年頃、市川海老蔵さんのモノマネでテレビ番組のオーディションを受けていたんです。当時、海老蔵さんが出演しているヤマキのCMで、「おいしい鰹のおいしいとこだけ」って力強い言葉が入るんです。そればっかり言う、という替え歌をしていたんですよ、THE YELLOW MONKEYの歌に乗せて。そればっかり言って“しつけえな”、と言われるのに手ごたえを感じました。

『リンカーン』(TBS系)の“あるある”ネタのオーディションで、海老蔵さんなら“歌舞伎あるある”しかないと思ったんですけど、全然ネタが思い浮かばなかったんです。唯一思い浮かんだのが、「勘三郎さんの名跡を、前の勘九郎さんと呼んでしまう」というもの。

『リンカーン』でネタを見てくれたのが、ダウンタウン・松本(人志)さん、雨上がり決死隊・宮迫(博之)さん、さまぁ~ず・三村さんで、「こいつ、あるある言わへんわ」って落とされかけたんです。でもディレクターさんが、「最後に言うんです!」って頑張ってくれて、「なんやそれ、はよ言えや!」というガヤも含めての、“あるある形態”がそのときに完成したんです。だからぼくは、“あるある”は団体芸だと思っています。

――ネタを作り出すのに、どれくらい時間をかけている?

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス