• TOP
  • スポーツ
  • 大阪桐蔭・西谷浩一監督 プロ入りする「4人衆」に贈る言葉

スポーツ

2019.01.01 16:00  NEWSポストセブン

大阪桐蔭・西谷浩一監督 プロ入りする「4人衆」に贈る言葉

プロ入りする大阪桐蔭4人衆の練習着姿(写真/マスターズスポーツマネジメント)

──プロから指名されて初めてプロ野球選手になることが出来ます。プロ野球選手になりたいと思っても、叶えてあげることが出来ない場合もあるだけに、不安な日々でしたか?

西谷監督:不安でした。プロ野球の世界はお願いしても獲得してもらえる世界ではないので、選手を指名してくださるご縁が今回あって、本当に良かったと思います。

──指名された彼らがどんなプロ野球選手になって欲しいか、教えて下さい。まずは、中日ドラゴンズ1位の根尾選手から。

西谷監督:高校野球では投手とショートをこなしていた根尾は、プロではショート一本で勝負したいと言っています。4球団競合のドラフト1位であり、中日ドラゴンズの本拠地がある愛知県と接する岐阜県出身で一層注目されています。早くプロの世界に慣れて、簡単ではないですが一日でも早くファンにハツラツとした根尾のプレーを見てもらいたいです。ファンから愛されるような大きな選手になって欲しいと思います。

──根尾選手は、投手と野手の二刀流をプロ野球で挑戦しないのは、意外でしたが?

西谷監督:実は、高校時代から、プロではショート一本で挑戦したいと言っていました。

──続いて、千葉ロッテマリーンズ1位指名された藤原選手については?

西谷監督:3球団競合という良い評価をして頂き、その中で千葉ロッテマリーンズとのご縁でした。藤原の走力は高校生の中でもトップクラスだと思います。さらに打撃や守備を鍛えて、本人が公言した「トリプルスリー」という大きな夢を実現させて欲しいです。ファンから認めてもらえるような躍動感のある(スケールの)大きな選手になって欲しいと思います。

──北海道日本ハムファイターズから5位指名された柿木選手は?

西谷監督:夏の甲子園優勝投手という看板を引っ下げていきますが、体作りや実戦経験を積んで少しでも早く一軍のマウンドで投げて欲しいです。そして、一軍の舞台で大阪桐蔭OBと戦う姿を見たいです。柿木が投げて、OBの中田翔がバックを守る姿も見たいです。

──最後に、読売巨人軍に4位指名された横川選手は?

西谷監督:190センチの大型左腕でありながら、柔らかさや器用さもあります。本人も私たちも、もっともっと結果を残すことが出来ると思うところはあります。持っているポテンシャルは高いので、長身を武器に、ジャイアンツを背負っていける投手になって欲しいです。

関連記事

トピックス