• TOP
  • ライフ
  • 小学館ノンフィクション大賞受賞 ゾウ密猟を描いた理由

ライフ

2019.01.13 16:00  週刊ポスト

小学館ノンフィクション大賞受賞 ゾウ密猟を描いた理由

新聞記者、ノンフィクション作家の三浦英之氏

 第25回「小学館ノンフィクション大賞」は、最終候補4作品がいずれも現代的な生命倫理や道義性を問う力作で、選考会でも各作品を高く評価する意見が相次いだ。その中から大賞(賞金300万円)に選ばれたのは、アフリカにおけるゾウ密猟の闇を暴く労作『牙~アフリカゾウの密猟問題を追って~』だ。新聞記者、ノンフィクション作家の三浦英之氏(44)による受賞作は今春に刊行される。

【受賞作品のあらすじ】
 アフリカ大陸で横行しているアフリカゾウの密猟の実態や、その原因となっている象牙の密猟組織の中枢に迫ったルポルタージュ。

 アフリカでは毎年3万頭ものゾウが象牙を目的とした密猟によって殺され、あと10数年で絶滅してしまうと言われている。象牙の密猟によって生み出されたカネはテロリストの活動資金となり、無辜の市民がテロで殺されている。

 筆者は朝日新聞のアフリカ特派員として、アフリカ東部でアフリカゾウが絶滅の危機に追い込まれている現状を取材。その後、ケニアでゾウの保護に取り組む日本人獣医の助けを借りて、密猟の原因となっている象牙の密猟組織を追う取材に着手する。

 数か月後、インターポールに身柄を拘束されていた、ケニア最大の密猟組織の「ドン」への単独インタビューに成功。彼が証言したのが、密猟に対する現地中国大使館の関与だった。

 筆者はケニアの密猟組織の中枢にいるという、Rと呼ばれる人物の素性に迫るため、アフリカ各地を取材。最終的に大量の象牙を中国政府専用機に積み込んだとする関係者の証言を得たが、直後にある男の訪問を受け、取材を続けられなくなってしまう。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス