• TOP
  • 芸能
  • 大江麻理子 メインキャスターの座に就くことで見えた景色

芸能

2019.01.15 07:00  週刊ポスト

大江麻理子 メインキャスターの座に就くことで見えた景色

解説の滝田洋一氏(左)と山川龍雄氏(右)

「30代最後の日は報道を志すきっかけとなった中国を旅行しました。歴史の舞台・敦煌を訪れ、“自分が毎日伝えているニュースもいつか歴史になるんだな”と感慨深かったです。『WBS』では日々のニュースに加え、世界経済の変調や社会の変革、最先端技術や医療など、私たちが感じた“これからこういう潮流になりそうだよ”“世の中はこうなっているよ”ということを付加価値として提示しています。その挑戦のために私たち『WBS』のスタッフ全員が多方面へアンテナを張り巡らせていなければいけないな、と感じています」

 40代へ突入した現在を「不惑ワクワク!」と形容した大江は、好奇心いっぱいの表情でこの先へ想いを馳せた。

【PROFILE】おおえ・まりこ/1978年生まれ、福岡県出身。2001年にアナウンサーとしてテレビ東京へ入社。『WBS』『出没!アド街ック天国』『モヤモヤさまぁ~ず2』、ポッドキャスト番組『日経ヴェリタス大江麻理子のモヤモヤとーく』などに出演。2013年にニューヨーク支局へ赴任し、『Newsモーニングサテライト』のNYキャスターを務めた。2014年4月から『WBS』(平日23時~)6代目メインキャスター。

●撮影/熊谷貫 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

関連記事

トピックス