• TOP
  • ライフ
  • マウンティングしてくる友人 「首尾一貫感覚」で対処を

ライフ

2019.01.26 16:00  NEWSポストセブン

マウンティングしてくる友人 「首尾一貫感覚」で対処を

女子会がマウンティングの場になることは多い

 和気あいあいと、いつまでも話が尽きないように見える女子会。しょっちゅう集まっては楽しい時間を過ごす人も多いが、その一方で、女友だち同士の人間関係に悩む人も少なくない。「女の敵は女」「女友だちは重荷」と言われることさえある。特に女性同士の「マウンティング」は、時に彼女たちを悩ませることがある。

 本来「マウンティング」とは、動物が自分のほうが格上であるという優位性を示すために、相手に馬乗りになる行為のこと。そこから転じて、人間同士のコミュニケーションで“自分のほうが格上”であることをアピールする行為を指すようになった。近著『「首尾一貫感覚」で心を強くする』が話題となっているストレス・マネジメント研究者の舟木彩乃氏は、これまでのべ8000人以上のカウンセリングをしてきたが、その中にはマウンティングを含めた女性同士の友人関係について相談してくる人が少なくないという。

 会社員の夫と二人暮らしをしている30代の専業主婦Aさんもその一人だった。

「Aさんは、高校時代からの女友だちのBさんと、お互いの誕生日を祝うため、二人の誕生日の中間あたりの日程で食事会をしていました。高校時代、友人が少なかったBさんでしたが、Aさんのことは親友だといってくれて、なんでも話してきた仲でした。

 この食事会は高校時代から毎年欠かさず続けているものでしたが、社会人になったころから、Aさんにとっては苦痛になってきました。とくに、Aさんが結婚して仕事を辞めてからは、BさんのAさんに対する『マウンティング』がひどくなってきたそうです」(舟木氏、以下同)

 たとえば、最近の二人の食事会の会話で、こんなやりとりがあったという。

Bさん:働いていると、あっという間に時間が過ぎて、いつの間にかこんな年齢に……って驚くことがあるよ。

Aさん:そうだよね。ふと自分の歳を思い出して、びっくりすることあるよね。

Bさん:Aは早々と結婚して、仕事も辞めちゃったしね。でも、専業主婦って時間に余裕があるぶん、お金にも余裕がないとつまらなそうだね。

Aさん:ウチは夫婦二人だし、そんなにお金つかうこともないよ。たまに旅行にでも行ければ満足かな。

Bさん:私は、会社の出張で国内外いろんなところにさんざん行っているから、もう旅行とかはあんまり興味ないかな。

Aさん:そうなんだ。今はどんなことに興味があるの?

Bさん:そろそろ結婚も考えようかなとか思うんだけどね。親がお見合いの話をよく持ってくるんだけど、相手の肩書が立派な人ばかりなんだよね。そうなると、自分も家庭に入ることを要求されそうじゃない? だったら、自分がいいなと思った人と結婚すればいいんだろうけど、収入や能力が自分よりも上の人じゃないと、実家の親も会社の同僚も納得しないと思うんだよね。私もAみたいにさっさと結婚していれば、今ごろは専業主婦とかも楽しめたのかな、とか思っちゃう。

関連記事

トピックス