• TOP
  • 国内
  • トランプ氏にノーベル賞推薦報道、一番驚いたのは安倍首相

国内

2019.03.05 07:00  週刊ポスト

トランプ氏にノーベル賞推薦報道、一番驚いたのは安倍首相

ポスト安倍はまたまた安倍?(時事通信フォト)

 国会や首相官邸で日々取材する政治部記者には、見聞きしても絶対に書けない記事がある。首相や官房長官、与党幹部が番記者にふと漏らした本音は、「夜回りメモ」や「オフ懇メモ」として本社のデスクに報告されるが、決して紙面に載ることはない。

 そこで覆面政治部記者座談会を開催し、“核心”に迫ることにした。本誌・週刊ポストの呼びかけに、政権に食い込みながらも“冷めた目”で権力を分析するデスククラスのA氏、首相官邸や自民党を長く担当して主流派、反主流派のどちらにも太いパイプがあるベテランB氏、そして夜回り取材の第一線で飛び回る中堅の2人、“安倍肯定派”のC氏、政権に距離を置くD氏という政治部記者4人が匿名を条件に応じた。座談会は「トランプ大統領を安倍首相がノーベル賞に推薦」騒動についても触れられた。

司会:ベトナムでの米朝首脳会談は“物別れ”に終わったが、会談に先立って日本に“寝耳に水”のニュースが飛び込んだ。安倍晋三・首相がトランプ大統領をノーベル平和賞に推薦していたことを、トランプ氏が自ら記者会見で明らかにしたことだ。日本の新聞はどこもこの話を掴んでいなかったのか、それとも報道を止められていたのか?

記者B:事前に掴んでいたらスクープをものにできただろうが、どの社もノーマーク。昨年9月の日米首脳会談に同行した記者も驚いていた。

記者D:正直に言えば、トランプ発言の後も、まだ各紙とも半信半疑でした。トランプ大統領は放言が多いからフェイク情報じゃないかと、筋金入りの安倍嫌いで知られるウチのデスクさえ信じていなかった。ところが、裏取り取材をすると、官邸筋や外務省が「ホワイトハウスから頼まれて推薦書を送った」と認めたので驚いた。

記者C:裏が取れると朝日も毎日も一転して鬼の首を取ったみたいな書き方をしたよね。毎日は社説に、「安倍首相、ご冗談でしょう」と見出しをつけ、朝日も「対米追従が過ぎないか」とやった。東京新聞を含めて反安倍メディアの記者たちは、“トランプ発言に安倍首相が怒っている”という見立てで取材していた。“バラされて困っている”と報じたかったんだろうけど。

関連記事

トピックス