• TOP
  • ライフ
  • インスタ映え狙い過ぎで大失敗、味を損なう5つのNGポイント

ライフ

2019.03.19 07:00  女性セブン

インスタ映え狙い過ぎで大失敗、味を損なう5つのNGポイント

ハンバーグは肉汁を出したら旨味を損なう(写真/PIXTA)

 今や飲食店を選ぶ際にチェックするのは、予算や立地、料理のおいしさといった評価に加え、「インスタ映えする料理があるかどうか」が、重要ポイントとなっているという。しかし、“見た目”を重視するあまり、本来の味を損なってしまうことも多い。

◆NGポイント「肉汁じゅわ~」

 ふっくらと焼き上がったハンバーグにナイフを入れた途端、肉汁がじゅわ~っとあふれ出る様子は、もはやインスタ映えの定番。しかし肉汁を増やそうと、ナイフでハンバーグを押さえて無理に肉汁を出しては味が落ちてしまう。

「旨みを含んだ肉汁が過剰に流れ出るのは、強火で焼いたことで肉が硬くなり、水分を蓄えきれずパサパサになるためです。本当においしいのは、口の中でかんだ瞬間に肉汁があふれ出る、ジューシーなハンバーグです」(管理栄養士の大石みどりさん)

 自分で作る場合は、フライパンにハンバーグを置いてから火をつけ、弱火でじっくり焼いて肉汁を留めること。これなら、焼き上がりを切っても、ふっくらしたままに。さらに、ソースを敷いた上にハンバーグを置けば、肉汁がなくてもジューシーさが伝わる。にんじんやブロッコリー、半熟の目玉焼きで彩りを添えるのも〇。

「お店などで撮る場合は、断面を見せようとすると旨みの詰まった汁が出てしまうので、切らずにふっくら感を生かした方が、おいしそうに撮れます」(大石さん)

関連記事

トピックス