• TOP
  • スポーツ
  • 馬淵監督も困惑する“中学生の明徳離れ”、内部生10人流出

スポーツ

2019.04.01 07:00  NEWSポストセブン

馬淵監督も困惑する“中学生の明徳離れ”、内部生10人流出

甲子園常連校で何が?

 第91回センバツの最中、高知県の谷間にある明徳義塾高校のグラウンド「野球道場」では、1992年夏の甲子園で当時、星稜高校(石川県)の4番だった松井秀喜氏への“5打席連続敬遠”で知られる智将・馬淵史郎監督(63)の溜息がもれていた。

「わしも引き留めはしたんやけど、よその学校に行きたいというのなら仕方ない。選手を鍛え上げて強くするのではなく、素材の良い選手を集めたところが甲子園で勝つ。高校野球が面白くなくなってきておる」(馬淵監督、以下同)

 昨年度、中高一貫校の明徳義塾の中学軟式野球部にはふたりの3年生スーパー球児がいた。小学生時代に福岡ソフトバンクジュニアに選ばれた長崎出身の選手で、既に143kmを記録している右の豪腕。もうひとりは左腕兼一塁手の「二刀流」で、主将としてもチームを牽引した京都出身の選手だ。

 いずれもテレビ番組への出演経験もあって名前は全国区。昨夏、明徳義塾を訪ねた際には、甲子園通算48勝の馬淵監督も、ふたりの入学を心待ちにしていた。

 ところが昨秋、両選手は高知を離れ、それぞれの地元に帰り、公立中学に入り直したという。明徳義塾では、他の高校に進学する場合、卒業を待たずに学校を辞めなければならないルールが存在する。

 右腕は昨年2度目の春夏連覇を達成し、高校野球の一強時代を築く大阪桐蔭に、左腕は工藤公康(現福岡ソフトバンク監督)やイチローを輩出した愛知の名門・愛工大名電に進学することが明らかになった。

コメント 5

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス