スポーツ

馬淵監督も困惑する“中学生の明徳離れ”、内部生10人流出

「そうは思わんよ。ここ3年、明徳から3人(2016年古賀優大・ヤクルト、2017年西浦颯大・オリックス、2018年市川悠太・ヤクルト)がプロに入っているし、甲子園でも成績を残しているんやから」

 明徳離れの背景には、同じ県内のもうひとりのスーパー中学生の存在があったかもしれない。高知中学3年生だった昨年度、一般的に硬式球よりも球速がでにくい軟式球で、150kmを記録した豪腕・森木大智。今春、彼は全国の強豪校からの誘いを断り、そのままエスカレーター式に高知高校に進学することを決めた。

 2010年から春夏どちらかの甲子園に必ず出場してきた明徳義塾も、今後は高知で苦戦を強いられるのではないか――そういう判断が、明徳を離れた球児たちにあったのかもしれない。

「うん、そうやね。強力なライバルがいるからこそ、明徳で勝負したいと考える親子もいれば、よそへ行った方が甲子園に出やすいと考える親子もいる。やっぱり、明徳を選んで入って来てくれた選手を鍛えて強くするのが明徳の野球や。2人のことは残念やけど、今度、入学してきた選手もええのがおる。まあ、楽しみにしとってや」

 去る者は追わず、来る者は拒まず。高知の高校野球は群雄割拠の時代を迎えた。

●取材・文/柳川悠二(ノンフィクションライター)

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン