• TOP
  • スポーツ
  • 古巣に甘い? 評論家75人のセ・リーグ順位予想を解析【前編】

スポーツ

2019.04.02 16:01  NEWSポストセブン

古巣に甘い? 評論家75人のセ・リーグ順位予想を解析【前編】

今年のセ・リーグのペナントを手にするのはどのチームか(時事通信フォト)

 3月29日、プロ野球が開幕した。はたして今年はどんなシーズンになるのか。毎年、シーズン前に評論家たちが順位予想をしているが、彼らの予想が当たる当たらないは置いておいて、評論家たちの出身球団によってどんな予想の“傾向”が見られるのだろうか。

 データ分析家の岡野誠氏が、スポーツ新聞6紙(東京版)とフジテレビCS『プロ野球ニュース』の評論家75人のセ・リーグ順位予想を徹底解析する。(前編)

【*1敬称略 *2 評論家名後のカッコ内は現役時代の最長実働球団 *3 スポーツ紙と『プロ野球ニュース』の2つに出演した評論家で順位を入れ替えている場合は最新の日付を優先】

 * * *
 まず、評論家75人による平均予想順位を見てみよう(小数点第3位以下を四捨五入)。

【セ・リーグ各球団の平均予想順位】
巨人:1.79位
広島:1.83位
DeNA:3.64位
ヤクルト:3.77位
阪神:4.51位
中日:5.47位

 巨人がわずかに広島を抑えてトップに。第2グループをDeNAとヤクルトが形成し、阪神、中日という昨年の下位チームの前評判は低い。

 優勝予想に絞ってみると、以下のようになる。

【セ・リーグ各球団の優勝予想人数】
巨人:38人(50.7%)
広島:26人(34.7%)
DeNA:6人(8.0%)
阪神:3人(4.0%)
ヤクルト:2人(2.7%)
中日:0人(0%)

 半数以上の評論家が昨年3位の巨人を優勝候補に挙げ、3連覇中の広島を引き離した。巨人を推す声には、丸佳浩などの大型補強を理由にする意見が目立った。

関連記事

トピックス