• TOP
  • 国内
  • 宮内庁で高まる眞子さま結婚を願う声、異例の形で実現か

国内

2019.04.21 07:00  女性セブン

宮内庁で高まる眞子さま結婚を願う声、異例の形で実現か

「眞子内親王殿下ご本人の、結婚へのお気持ちが変わらないなら、結婚されればいいのではないでしょうか。ただし、結婚に批判的な見方をする国民も少なくない中での結婚になります。女性皇族の結婚はプライベートなこととはいえ、1億円を超える一時金が国庫から支出されるわけですから、公的な側面は否定できません。その点はご本人も充分に理解されているでしょうから、今の状況で結婚される場合、一時金は辞退されるだろうと思っています」

 眞子さまのご結婚は、将来の皇室を背負われる悠仁さまにも、「公」と「私」について考えるよい機会だろう。

「眞子さまのご結婚は、一時金の辞退も含めて、皇族としては異例のことになるでしょう。小室さんとの結婚生活も、ご結婚後の皇室や秋篠宮家との関係も、現実の厳しさを目の当たりにするかもしれません。それも含めて、今後の悠仁さまには必要なことでしょう」(前出・秋篠宮家に近い関係者)

 眞子さまは、ご結婚の延期が決まってからも、その立場に課せられた仕事に、笑顔で取り組まれている。眞子さまはいつまで「私」を胸に秘めて「公」に励まれるのだろうか。眞子さまが、「公」を手放される日は、そう遠くない。

※女性セブン2019年5月2日号

関連記事

トピックス