• TOP
  • 国内
  • 木嶋佳苗と獄中婚の夫が語る現在の印象と結婚に至る思い

国内

2019.05.09 16:00  女性セブン

木嶋佳苗と獄中婚の夫が語る現在の印象と結婚に至る思い

木嶋佳苗と獄中婚の夫が語る結婚に至るまで

「文春の報道より前にAさんが会社に報告した時は、大変な騒ぎになりました。編集長さえ知らなかったんですから…」(新潮社の関係者)

 交際していた3人の男性を殺害したとして、2017年5月に死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚(44才)が、東京拘置所内で3度目となる結婚をしていたことを、『週刊文春』(5月2・9日号)が報じた。しかも、その相手がライバル誌『週刊新潮』編集部のデスクだというから、仰天である。

 週刊文春によれば、Aさんは週刊新潮が2017年4月に掲載した木嶋の“遺言手記”の担当デスクで、木嶋が2013年から始めたブログ「木嶋佳苗の拘置所日記」にも“王子”としてたびたび登場していた。2人は2012年5月頃から面会や手紙のやり取りをスタートさせ、2016年から木嶋いわく“ディープな関係”に。そして、昨年1月に入籍したという。

 だが、週刊文春に書かれていない事実がある。Aさんは妻子持ちで、木嶋と結婚するために離婚していたのである。

「現在40代前半の彼は若い頃に結婚して子供もいるが、獄中の木嶋と愛を育み、離婚を決意しました。ちなみに木嶋もその頃は違う男性と獄中結婚をしていたので、“W略奪愛”ということになります」(前出・新潮社の関係者)

 木嶋はAさんへの思いに身を焦がしたのか、初対面から3か月で10kgもやせたとブログで明かしている。こうした木嶋に、Aさんの気持ちも動いていったのだろうか。

「確定死刑囚の面会や手紙のやり取りは、原則家族と弁護士に限られます。Aさんが木嶋とやり取りをするには、養子縁組した支援者や弁護士を介することになる。でも、夫なら面会や手紙のやり取りが自由になる。Aさんは妻子と別れてでも、木嶋と直接的な関係を保ちたかったのかもしれない」(全国紙社会部記者)

 週刊新潮編集部は「当該部員のプライベートな問題だと考えております」と説明するのみだが、当のAさんは妻子がいたことを認めた上で、女性セブンの取材に答えた。

 スラッとした長身で、草なぎ剛系のイケメン男性である。

──離婚に木嶋の存在は関係した?

「当時、夫婦関係はすでに破綻していました。結婚も離婚もタイミングだと思いますが、いつどうするか。そういう意味では(木嶋の存在が)きっかけになったとは言えるかもしれない」

──木嶋へのプロポーズは?

「私からですが、内容は…結婚をしたいというふうに言わないと伝わらないですよね。手紙に思いを書いて、そして面会室でも伝えました」

──彼女の反応は?

「それは驚いていたように記憶しています。その当時は、お互いに結婚相手がいたわけですしね」

関連記事

トピックス