• TOP
  • 国内
  • 「ミス慶應」が2人誕生か、三田祭のミスコン主催者が分裂

国内

2019.05.27 11:00  週刊ポスト

「ミス慶應」が2人誕生か、三田祭のミスコン主催者が分裂

日本テレビの鈴江奈々アナもミス慶應出身(時事通信フォト)

 慶應大学の「三田祭」(11月開催)は毎年20万人以上の来場者を集める日本最大規模の学園祭として知られるが、今年は開催まで半年あるにもかかわらず、すでに大きな注目が集まっている。目玉行事となったミスコンで、史上初となる「2人のミス慶應」が誕生するかもしれないからだ。5月初旬に発表されたミスコンのファイナリストは、“2団体”で計13人。一体何が起きているのか──。

 元フジテレビの中野美奈子、日本テレビの鈴江奈々、元TBSの青木裕子、テレビ朝日の竹内由恵など、数々の人気アナを輩出し、“女子アナの登竜門”とも呼ばれる「ミス慶應コンテスト」に、異常事態が発生した。

 2つの運営団体が同時にミスコンを主催し、それぞれが別々に候補者エントリーを開始。どちらも正当性を譲らず、両団体が弁護士を立てて争うという、「学生イベント」の域を超えた対立に発展しているのだ。

 もともと「ミス慶應コンテスト」を主催してきたのは、慶應大学の公認サークルである広告研究会だった。

 しかし2016年4月、同会に所属する男子学生らによる集団強姦事件が発生。広告研究会は解散となり、ミスコンも中止となった。

 それから2年後の2018年、新たな学生団体「ミス慶應コンテスト2018実行委員会」が立ち上がり、ミスコンが復活。実行委員会は今年3月、昨年に引き続いて「ミス慶應コンテスト2019」の開催を企画した。

 しかし4月に「KOPURE(コプレ)」という別の学生団体が「ミス慶應コンテスト2019」の開催を宣言し、候補者のエントリーを開始したのである。

◆そっくりなホームページ

コメント 2

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス