ライフ

「安楽死を遂げた日本人」に密着 私たちに問いかけたこと

プライシック医師に取材する宮下氏

「映像が目に焼きついて眠れなかった」……NHKには放送翌日までに約300件もの感想が視聴者から寄せられたという。NHKスペシャル『彼女は安楽死を選んだ』(6月2日放送)は、スイスで安楽死を遂げた初の日本人女性に密着し、最期の瞬間まで映した衝撃の内容だった。その女性に寄り添い、番組に協力したジャーナリストで『安楽死を遂げた日本人』著者の宮下洋一氏がレポートする。

 * * *
 彼女からのメールが届いたのは去年の8月だった。タイトルには「安楽死をスイスにて行うつもりです」とあった。

 私はメールアドレスをネット上で公開しているので、世界各国の安楽死についてルポルタージュした拙著『安楽死を遂げるまで』が出版されてからは、しばしば安楽死に関する相談を受けるようになった。多くは自殺願望を持つ、字義通り「安楽な死」を求める人々で、メールの差出人の小島ミナさん(当時50歳)も、そうした一人だろうと思った。

 しかし、彼女は違っていた。メールにはこうあった。

「私は多系統萎縮症という難病に罹患しています」

「多系統萎縮症」とは、小脳などの変性によって徐々に身体機能が奪われていく病気だという。ゆっくりとではあるが確実に進行し、やがて四肢が動かなくなり、言葉も話せなくなり、思考以外のすべての機能が奪われ、寝たきりとなる。現状では根治療法はない。

「機能を殆ど失くし、人工呼吸器で息をし、話す事も出来ず、胃瘻(いろう)で栄養を身体に送り込み、決まった時間にオムツを取り換えて貰い、そうやって毎日を過ごしたくはないのです。(中略)寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います。私が私であるうちに安楽死を望みます」

 メールの文面からすでに車椅子生活に入っていて症状が進んでいることが窺えた。それまでの相談とは異なる切実さが感じ取れた。

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン