• TOP
  • 国際情報
  • 日米同盟破棄で日本は繁栄か沈没か 外交論客3人が分析

国際情報

2019.07.01 07:00  週刊ポスト

日米同盟破棄で日本は繁栄か沈没か 外交論客3人が分析

安倍外交は大慌て(共同通信社)

 精製が不十分な蜂蜜がそうであるように、シンゾーとドナルドの「蜜月」には、“甘さ”の中に凄烈な“苦み”が混ざり合う。

 日米同盟を根底から覆す発言が、トランプ大統領の口から飛び出したと報じられた。60年近く前に調印された安保条約が破棄されたらどうなるのか。プロの視点から見た日本の未来の姿は──。

◆官房長官は火消しに躍起

「報道にあるような話はまったくありません。大統領府からも、米国政府の立場と相容れないものであるという確認を受けている」

 6月25日、記者会見で菅義偉・官房長官はそう強調した。発端は、同日に米ブルームバーグ通信が伝えたアメリカのドナルド・トランプ大統領による「日米同盟破棄発言」だ。

 記事によればトランプ大統領は、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束するが、米国が攻撃された場合は日本の自衛隊による支援が義務ではない日米安全保障条約について「あまりにも一方的だと感じて」おり、「日米安保を破棄する可能性」について側近に漏らしたという。

 1960年に締結された日米安保条約では、米国は日本の防衛義務を負う。その代わり、日本は在日米軍基地や空域を提供し、さらに年間約2000億円という巨額の米軍駐留経費を負担している。

 この報道に大慌てだったのが日本政府だ。

関連記事

トピックス