• TOP
  • スポーツ
  • 大船渡・佐々木の起用法は是か非か 有名指導者たちが大激論

スポーツ

2019.07.29 11:00  週刊ポスト

大船渡・佐々木の起用法は是か非か 有名指導者たちが大激論

怪物の夏は”温存”で終わった(写真/共同通信社)

「令和の怪物」の高校最後の夏は、思わぬ結末となった。大船渡(岩手)の163km右腕・佐々木朗希は地方大会決勝に登板せず、チームは10点差で敗れた。この起用法は是か、非か──。

 大船渡の国保陽平監督は、異色の起用法を貫いた。7月21日の4回戦で佐々木が延長12回194球を投げ抜くと、翌日の準々決勝は完全休養させ、チームは延長の末に辛くも勝ちを拾った。中2日となった準決勝では129球を投げて完封劇を見せるも、甲子園出場がかかった花巻東との決勝には登板せず、リリーフや代打で出場する気配すら見せなかった。

 佐々木が花巻東をはじめ、県内強豪私学の誘いを蹴って地元の公立高校を選んだ理由が、「中学から一緒の仲間と甲子園を目指すため」であることは知られている。そんな“美しい青春”より、佐々木の将来を優先した格好の国保監督は「筑波大出身の32歳で、米独立リーグでプレー経験がある。登板回避の理由を『故障を防ぐこと』とコメントした」(担当記者)のだ。

 有名指導者たちは、この起用法をどうみるか。

◆壊すのが怖い

「国保監督の判断は、英断だと思います」

関連記事

トピックス