芸能

滝川クリステル 41才まで結婚しなかった裏にしっかり者の母

なぜ披露宴を開かないのか?(写真/アフロ)

 自民党の小泉進次郎衆議院議員(38才)と結婚したフリーアナウンサーの滝川クリステル(41才)。現在妊娠中で、年明けには出産する予定だ。

 そんな滝川は、結婚を発表した8月7日、インスタグラムにこんな投稿をした。

《「政治家の妻はこうあるべき」という形に捉われず、私らしく、ありのままの生き方、スタイルを尊重してくれることを話し合う中で感じることができた》

 政治家の妻ではなくひとりの女性として生きていくスタイルは、滝川の母・美緒子さんの影響だという。

「彼女のお母さんも、歯に衣着せぬタイプのしっかり者。雅美さん(滝川の本名)が絶対的に信頼して意見を求めるのもお母さん。“一卵性親子”といいますか、今でも一緒にいることが多い。過去の恋人とゴールしなかったのも、お母さんの意見を聞いていたからだと思いますよ」(滝川家の知人)

 滝川の母、美緒子さんは元神戸市議会議員の父と、日本の婦人活動の草分け的存在といわれる女性を母に持つ。フランスへ留学中に現在の夫と出会って現地で結婚。滝川と弟でモデルのロラン(39才)を出産。滝川が3才の時、一家そろって帰国した。

「美緒子さんの夫は高級ファッションブランドの日本支社長も務めていましたよ。名家育ちという自負からか、しつけの厳しい人という印象は当時からありました。“ママ”ではなく、“お母さん”と呼ばせて日本語もしっかり教え込んでいましたね。

 雅美さんは成績優秀で、都立青山高校から大学は青山学院へ。アナウンサーに憧れ、フジテレビの局アナの試験を受けましたが、最終で不合格に。その際、お母さんがあくまで“正社員が絶対にいい”とこだわったと聞きました。アナウンサーをあきらめて金融系や商社を受けることもすすめていたそうです」(前出・滝川家の知人)

 母の指南があったのか、滝川はフジテレビの子会社である共同テレビの社員に。体を斜め45度にひねった状態でニュースを読むスタイルを確立し名を上げ、2013年には流暢な英語とフランス語を駆使した五輪誘致スピーチ「お・も・て・な・し」で大ブレークした。

「フリーのアナウンサーになる前の滝川さんは年収400万円ほどで、大手民放局アナの3分の1に満たないお給料といわれたこともありました。お母さんは“娘がかわいそう”という思いがずっとあったようで、結婚相手には“家族の結びつきが強い人”“安定した高収入がある人”がいいと意見を言っていたようです」(芸能関係者)

 滝川はこれまで、元ラグビー日本代表の俳優・天野義久(46才)、金メダリストの室伏広治(44才)、サッカーの中田英寿(42才)、そして、小澤征爾の長男で俳優・小澤征悦(45才)と恋の噂があった。特に小澤との交際は10年近く続き、結婚間近といわれたが、滝川は別の選択をしたことになる。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン