• TOP
  • ライフ
  • 死に至る「しこり」 男性は乳がんで年間数百人命を落とす

ライフ

2019.08.30 07:00  週刊ポスト

死に至る「しこり」 男性は乳がんで年間数百人命を落とす

「部位」「形」「痛み」でわかるあなたの「しこり」の正体

 軟骨肉腫は軟骨にできるがんで、骨盤や大腿の骨のほか、上腕部分の力こぶの下あたりに起きやすいという。痛みがないので大きくなるまで気づきにくいが、進行が比較的ゆっくりということもあり、5年生存率は70~80%程度とされる。

 お腹のへそのあたりに“脈打つ”ように動くしこりが触れる場合、動脈硬化などにより大動脈が膨らみ、こぶ状になった腹部大動脈瘤の可能性がある。

「破裂すれば死に至ることも少なくない。必ずしも腹部のしこりとして感じられるわけではなく、できた場所によってはしこりが感じられず、腰痛や腹部圧迫感として自覚するケースがあります」(同前)

 一方、命にかかわらない良性のしこりの代表が、“脂肪のかたまり”とされる脂肪腫だ。弘前温泉養生医院院長の柳澤道朗医師がいう。

「悪性の肉腫は皮膚の中に鶏卵があるような硬さが感じられるのに対し、脂肪腫は触れると柔らかく、ブヨブヨしているのが特徴です」

 さらに、死に繋がりかねない「軟部肉腫」と区別がつきにくいしこりに骨化性筋炎がある。

「骨化性筋炎とは、ケガをしたときに筋肉内に生じた血腫が内部に残ったまま骨のようになったもので、MRIなどの画像診断や病理検査でも悪性腫瘍のように見えることもある紛らわしい腫瘤です。しかし、命にかかわるような悪さをしないので、基本的に治療は必要ありません」(柳澤医師)

関連記事

トピックス