• TOP
  • ビジネス
  • アマゾン物流センターで死亡事故続発 だが責任の所在は曖昧

ビジネス

2019.09.08 07:00  週刊ポスト

アマゾン物流センターで死亡事故続発 だが責任の所在は曖昧

アマゾン倉庫には光の当たらない部分がある(写真/共同通信社)

 日本市場を制圧した“巨大企業”の内実に迫るべく、「東京ドーム4個分」の広さを誇る小田原物流センターに潜入したジャーナリストの横田増生氏は、アマゾンの正社員・西川正明(仮名)からの情報提供により、センター内でアルバイト死亡事故が続発していたことを知った。2017年10月、著者が働く直前にも、女性アルバイトの内田里香(仮名・享年59)が作業中に倒れ、くも膜下出血で亡くなっていた。潜入取材を進めるなかで、他にも死亡事故が続いて起きていたことが分かった。なぜ、死亡事故が続発するのかについて、横田氏がレポートする。なお、横田氏は15年前にも潜入を経験している。

 * * *
 内田の取材を続けていたころ、小田原の物流センターをめぐる新たなニュースが私の耳に飛び込んできた。2017年11月中旬にも、物流センター内で作業中の男性アルバイトが倒れて亡くなったのだという。内田が亡くなってから1か月後のことだ。ピッキング(商品を指示書通りに仕分けする)を担当する中原純子(仮名)はこう話す。

「11月18日の午後4時半ごろ、4階でピッキングの作業をしていたら、ハンディー端末の画面に作業を一旦停止するという表示が出たんで、その間はすることもないんで顔見知りのワーカーさんと立ち話をしていたんです。そしたら、近くで人が倒れているっていうんで、見に行ったの。顔を見たら、冬場でも上はTシャツ一枚で作業している人だ、とわかりました。

 体格のいい方で奥さんと一緒に働きにきていたので、よく覚えていました。私が気づいたのが、4時40分ごろだったかな。そこにはリーダーがいて携帯電話で電話していました。すると、(物流センターを仕切る下請けの派遣会社)ワールドインテックの上の人がきて、そのあとで“アマゾン様(アルバイトはアマゾン社員をこう呼ぶ)”が2人来たのね。1階に救急車が来たのに気づいたのは、2階のパソコンで退勤を押した後だったので、5時15分か20分ぐらいだったと思います」

 亡くなったのは北島正人(仮名)だった。

関連記事

トピックス