• TOP
  • 国内
  • 小泉進次郎氏、生き別れた実の母の苦労と現在の関係性

国内

2019.09.13 07:00  女性セブン

小泉進次郎氏、生き別れた実の母の苦労と現在の関係性

電撃的な結婚発表は世間を驚かせた(写真/アフロ)

 世を揺るがせた結婚発表の1週間ほど前、都内の飲食店に両家の親族がそろった。小泉家からは進次郎議員(38才)と兄の孝太郎(41才)、弟の佳長さん、父の純一郎氏(77才)に加えて、純一郎氏の姉と弟が出席。滝川家からはクリステル(41才)と両親、弟でモデルのロラン(40才)が駆けつけ、親睦を深めた。

 だがその祝いの場にたった1人、招かれなかった肉親がいた。進次郎氏の実の母親、宮本佳代子さん(62才)である。

 進次郎がまだ幼い頃に純一郎氏と離婚して以来、母と息子は没交渉が続く。今回の結婚についても固く沈黙を守っていた佳代子さんだが、親しい知人にだけは母親としての気持ちを漏らしていた。

「佳代子さんは、『滝川さんってどんなかたなのかしら』『みんな、祝福してくださってるのかしら』と心配そうでした。やっぱり、離れていても息子ですからね。その後、彼女の口から進次郎さんの結婚についての思いが吐露されたんです」(佳代子さんの知人)

◆純一郎氏との離婚直後は一生分の涙を流した

 高学歴の才女、抜群の発言力、自分を貫く強さ──進次郎氏は無意識のうちに母・佳代子さんと多くの共通点がある滝川を相手に選んだのではないかという声も上がる。

 佳代子さんはエスエス製薬の元会長である泰道照山(たいどうしょうざん)氏の孫娘として神奈川県鎌倉市に生まれ、幼稚園から大学まで名門私立の青山学院で過ごした。

 1978年、佳代子さんが青山学院大学経済学部4年生の時、新進気鋭の国会議員だった純一郎氏とお見合いをし、その年に福田赳夫首相(当時)の媒酌で学生結婚した。

 同年に長男の孝太郎を出産し、その3年後の1981年に生まれたのが次男の進次郎だった。将来を嘱望される政治家と結婚し、子宝にも恵まれたが、結婚生活は決して安泰ではなかった。

「結婚当時、小泉家では純一郎さんの母や、信子さん、その姉の道子さんらが選挙と家事を取り仕切っていました。その中に長男の嫁として飛び込んだ佳代子さんでしたが、“女系家族”の壁は厚く、なかなか居場所を見つけられませんでした。厳しい姑、小姑に囲まれながら、まだ学校を卒業したばかりのお嬢さんがなんとか頑張っている感じです。才媛で物事をハッキリ言うタイプの彼女にとって、つらい時期だったでしょうね」(小泉家関係者)

 そんな中、佳代子さんは政治家の妻として“教育”された。この頃、純一郎氏の選挙区には手強い対立候補が多く、「落選させるわけにはいかない」と佳代子さんが赤ん坊の進次郎氏をおんぶひもで背負い、地元で応援演説をしたこともあったという。

関連記事

トピックス