• TOP
  • ライフ
  • 【関川夏央氏書評】亡命した高級外交官が見た北朝鮮の真実

ライフ

2019.09.18 07:00  週刊ポスト

【関川夏央氏書評】亡命した高級外交官が見た北朝鮮の真実

『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』文藝春秋

【書評】『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』/太永浩・著 鐸木昌之・監訳 李柳真・黒河星子・訳/文藝春秋/2200円+税
【評者】関川夏央(作家)

 二〇一六年に任地ロンドンで脱北した北朝鮮の高級外交官、太永浩(テ・ヨンホ)の手記。長い。四百字詰め原稿用紙で千枚強。題名に「秘録」「暗号」とあるが、「現政権温存」以外に目的のない北朝鮮だから、たいした「秘密」はない。ただ粛清と処刑が横行するばかりだ。それも、思いつきの政策着手の、ほとんど「景気づけ」のためだというからたまらない。

 北朝鮮の役人はすべてを上に報告する。外務省だけで一日千ページ分にもなる。それを「首領」が全部読むわけにはいかないので「三階書記室」でえり分ける。結果、情報の集中するところに権力が生じる。一方、各機関の横の連絡は禁じられているから、北朝鮮政府は北朝鮮を知らないのである。

 著者は一九六二年生まれ、中学生で北京に留学して英語を学んだが、文革終了直後の北京の自由な風には吹かれなかった。帰国して外交官養成大学を卒業、北京外大に留学した。英語を学ぶのも中国で、というところが悲喜劇だ。

 二十六歳で外務省入り、デンマーク駐在書記官だったとき、北朝鮮の飢えた幼児たちの写真が世界に流布した。デンマーク企業が、イランへの経済制裁で宙に浮いた大量のチーズを「飢えた子ら」に、と寄付した。金正日はそれを、自身の「誕生日プレゼント」として軍隊に贈り、著者には「金日成尊名時計」を与えた。悪質な詐欺だ。

関連記事

トピックス