• TOP
  • スポーツ
  • 女子ゴルフ暴言騒動 背景に岡本綾子氏と協会幹部との距離感

スポーツ

2019.11.11 16:00  週刊ポスト

女子ゴルフ暴言騒動 背景に岡本綾子氏と協会幹部との距離感

女子ゴルフ界のレジェンドが告発した(写真/共同通信社)

 その内容もさることながら、騒動が明らかになる経緯も異例だった。女子ゴルフ日本ツアーの「NOBUTA GROUPマスターズGCレディース」(10月24~27日)で人気プロ・笠りつ子(りゅうりつこ・32)が起こした「死ね暴言」問題だ。

「トラブルは初日のスタート前に起きた。ゴルフ場の風呂場の脱衣所にバスタオルがなかったことが発端。朝は脱衣所でストレッチをする選手が少なくないが、その時に床に敷いて使ったタオルを持ち去ってしまうことが多く、この大会では主催者側がLPGA(日本女子プロゴルフ協会)と話し合って事前に撤去していた。

 そのことが選手側に伝わっておらず、従業員にバスタオルを出すよう要求したが断わられ、対応した副支配人と押し問答になって、最後に笠が“頭が固い。死ね”と暴言を吐いたという話です。それを伝え聞いた主催者側が激怒してしまった」(ツアー関係者)

 この騒ぎを大会最終日となる10月27日朝、デイリースポーツのコラムで、女子ゴルフ界の大御所・岡本綾子(68)が“暴露告発”し、明るみに出た。コラムでは当事者について〈優勝したこともあるベテランプロ〉と名前を伏せながらも、〈LPGAはもっと選手を教育したらどうか〉と手厳しく批判した。

 翌28日にはスポーツ紙が笠の実名を報じ、31日に笠自身が謝罪文をマスコミに送付。当面の間、ツアー出場を自粛すると公表した。LPGAの小林浩美会長(56)も「あってはならない発言。協会として責任を感じている」と釈明に追われた。

“告発者”となった岡本氏は、この大会のテレビ解説で会場入りしていたため騒ぎを耳にしたという。

関連記事

トピックス