• TOP
  • 国際情報
  • 韓国元徴用工の肉声 本当に金による解決を望んでいるのか

国際情報

2019.12.13 07:00  週刊ポスト

韓国元徴用工の肉声 本当に金による解決を望んでいるのか

「空襲が酷くなってからは、工員は散り散りとなり、私は兵庫県の山中に逃げ込んで野宿生活を送っていた。だから大法院判決で元徴用工に対して慰謝料1億ウォンの支払い命令が出たと聞くと、私はその金額をもらえるほどの仕事を日本ではしていないと思ってしまうよ。補償はして欲しいけど、(高額な慰謝料の話を聞くと)私たちがお金を吸い取る掃除機みたいだと思われてしまうね(笑)」

 元徴用工の口からは、全ての人が“奴隷労働”に苦しんでいた訳ではないという事実が語られた。歪んだ歴史論争のなかで当事者たちの声はかき消されている。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事

トピックス