• TOP
  • 国内
  • 「薬物依存なんて言い訳」暴力団幹部が語るその意味は?

国内

2019.12.28 16:00  NEWSポストセブン

「薬物依存なんて言い訳」暴力団幹部が語るその意味は?

クラブイベントには芸人、モデル、会社経営者などが集まっていた(イメージ)

クスリをやめたければ誘惑の多い場所に行かなければいい(イメージカット)

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回はクスリの薬物依存について、暴力団幹部が自らの体験を語る。

 * * *
「薬物依存なんて、捕まったやつの体のいい言い訳にすぎない」

 暴力団幹部はそう言い切った。

 薬物依存は、芸能人や有名人が大麻や覚せい剤で逮捕される度に問題にされ、彼らが薬物と手を切ることができない理由と考えられている。元タレントの田代まさしは、薬物依存リハビリ施設のスタッフになっていたこともあるが、覚せい剤取締法違反で5回目の逮捕。逮捕時51歳だったピエール瀧は20代の頃からコカインや大麻を使用していたといい、沢尻エリカも10年以上前から違法薬物を使用していたと供述。釈放されるや都内の病院に直行し入院、違法薬物を断ち切る治療を受けるためと報じられた。

「薬物依存? ふざけんじゃない!って話だよ」

 暴力団幹部は憤慨する。

「クスリは外を歩けばどこにでも売っているモンじゃない。食事に行けばメニューにズラリと載っている酒とは違う。薬物が手に入りやすい環境にあった、誘惑がたくさんあったんだろうとコメントするやつがいるが、あれはクスリをやったことがない人間の言うたわ言。欲しいやつらは、自分から誘惑されに行くんだよ」

「タバコや酒じゃあるまいし、自販機やコンビニで売ってるわけじゃないんでね。自分から手に入れようと動かないかぎり、クスリは手に入らない。入手できるようなところに自分から行ってるんだ」

 簡単に入手するのは難しいが、その気になればわりと簡単にたどりつくと暴力団幹部は言う。

「沢尻のように、クラブに出入りしていれば誰かしらやっているだろうし、六本木辺りの外国人に声をかければ、必ずつながりができる。ネット販売している者もいるぐらいだから、普通の人が入手するのが難しい品物という認識はもう違う」

「ヤクザにはヤクザが、素人には組織とつながりのある堅気の売人がいる」

 芸能人、有名人であれば、交友関係も広く誘惑も多いと思うが…。

「どこがそういう場所なのか、どんなやつが危ないか、クスリをやっているやつはわかっている。そういう場所に行かなければいいし、そういう相手に会わなければいい。わざわざ探してまで、やらなければいい。自分で手にさえしなければいいわけだ」

「環境や友人の影響もあるのは確かだが、行かない、会わない、買わない、探さない。その場所、その人たちと縁を切るだけで、やめるのはそう難しいことではない。そんなこと言っていたら、俺たちヤクザはどうなる? みんな揃って薬物依存だ」

 組の者はほとんど誰もが違法薬物の味を知っている。

「ここにクスリがあって、組の者に『やれよ』と言っても誰もやらないよ。俺も2度とやらない。1度やったぐらいでおかしくならないことは知っているけどね」

 彼自身、何年も薬物の使用を続けた過去があり、逮捕歴もある。

関連記事

トピックス