• TOP
  • スポーツ
  • セ・リーグDH制 達川光男氏と岡田彰布氏の相反する見解

スポーツ

2020.01.12 16:00  週刊ポスト

セ・リーグDH制 達川光男氏と岡田彰布氏の相反する見解

達川氏はDH制導入賛成派

 セ・リーグにDH制を導入することに「賛成」か「反対」か?──本誌・週刊ポストの読者アンケートでは【賛成】59.0%、【反対】38.3%という結果になった(*「2020年日本の重要問題について意見をお伺いします」から集計。998人が回答。100%に満たない部分は無回答)。

 ここでは、見解の異なる2人の識者の意見を紹介しよう。

●達川光男氏(元広島監督、元ソフトバンクHC・賛成派)

 巨人の原(辰徳)監督が日本シリーズ直後に、「セ・リーグにもDH制を導入すべき」と提言した。原監督は“強いパ・リーグとの差を埋めるため”という考えのようだが、それより選手へのメリットが大きいじゃろうね。

 投手が打席に立つことは想像以上に危険じゃけェね。試合で飛んでくるすっぽ抜けた球は、野手でも避けるのは難しいんよ。たまにしか打席に立たない投手では逃げられんし、大事故にも繋がりかねません。申告敬遠が導入されたけど、投手生命を守るために“申告三振”も検討すべきかもしれんね。

 ワシはセ・パ両リーグでコーチをしてきたけど、最近は打席に立つことに戸惑う投手が増えているように思う。DH制が導入されている大学、社会人野球出身選手のなかには何年も打席に立っていない投手も少なくない。それがプロに入って4~5年ぶりに打席に立たされるんだから、そりゃ危ないでしょう。

関連記事

トピックス