• TOP
  • 国内
  • 馬鹿ブス貧乏なあなたはどう生きるべきか 女性名誉教授の解

国内

2020.02.09 07:00  NEWSポストセブン

馬鹿ブス貧乏なあなたはどう生きるべきか 女性名誉教授の解

低スペック女性向けの自己啓発本がないことに気付いたという藤森かよこさん。

 異色の自己啓発本である。人気コラムニストのジェーン・スーさんが、帯に「自己憐憫に唾棄したい人向け」と警告コメントを寄せている。『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください』(KKベストセラーズ)を上梓したのは、福山市立大学名誉教授の藤森かよこさん。自分の低スペックを何とかしたくて、自己啓発本を読み漁った挙句、低スペック向け女子の自己啓発本がないと気付いたという。「輝かしき幼年期も青年期も中年期もなかった。すべてが悪戦苦闘だった」藤森さんが伝えたい、これからの時代を生き抜くサバイバル術とは?

* * *

■理想の人にめぐりあわなくても幸せになれる

──「顔やスタイルで食っていけない」「一を聞いて一を知るのが精一杯」「賃金労働をしてぎりぎり食べていける」、そんな人向けに本を書かれた経緯を教えてください。

藤森:世の中の自己啓発書を読み漁ったんですが、私にとっては、誰がこんなことを実践できるんだろうと思う本がいっぱいあったんです。私はフェミニストですから、例えば上野千鶴子先生の本も読んでいますが、教えられることは多いものの、実践できそうなことがない。複数の方法で稼ぐ「マルチプル・インカム」を提言されていますが、そんな器用なことはできそうにないし、女性同士が助け合う「共助け」のネットワークを構築するよう推奨されていますが、私はあまり他人があてにできないし、他人の時間泥棒をしたくない……。

 私は2017年3月に、体調などの問題で、定年退職を一年早めて退職しました。ようやく時間もできた今、そして元気なうちに、低スペック向け女子の自己啓発書がないなら、自分で書いてみようと。とはいえ、おびただしい数の本が出版されている現状を見ると、中途半端な私のような人間が書く意味があるかと迷いました。が、夫ががんになったこともあり、収入の道を探る必要にも迫られて、書くことにしました。

── 一見、手に取りづらいタイトルながら、発売即重版、アマゾンでは星4.6と、高い評価のカスタマレビューが並んでいます。この反応についてはいかがですか?

藤森:正直言って、あまり読まれないだろうと思っていたので意外でした。今まで生きてきて、本当に自分が思ったことを言うと、ろくでもない反応しか返ってこなかったので(笑)。でも私は、綺麗ごとのない、こういうことしか書けないから書いたわけです。今の女性は頭が柔らかいし、幻想もないから、ひょっとしたら読まれるかもしれないという期待は、頭の片隅にはありました。

──「男がいなくても食ってゆけるが、仕事がなければ食ってはいけない」とある通り、女性が一人で自立して生きていくために必要なことを示されています。

藤森:私の若い頃は、結婚したほうが世の中を渡るのに安全という時代でしたから、私は結婚し、夫には感謝しています。今は、結婚はしてもしなくてもいいと思いますが、してもしなくても、生活はどんどん苦しくなっている。だから一人で自活して、他人に迷惑をかけずに食べていければ大成功。そのために必要なのは、理想と現実を分けて、自分が現実的にできることをやっていくことです。理想の人にめぐりあわなくても幸せになれるし、望んだ職業に就けなくても幸せになれることを、伝えたいと思いました。

関連記事

トピックス