• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉、ソロライブで『夜空ノムコウ』を歌った覚悟と思い

芸能

2020.02.14 07:00  女性セブン

木村拓哉、ソロライブで『夜空ノムコウ』を歌った覚悟と思い

ライブを2日間終え、スタッフらと有名焼き肉店で中打ち上げを行った木村拓哉

 歌手・木村拓哉(47才)が帰ってきた。ソロとして初めてとなるライブツアー『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』を2月8日にスタートさせた。

「2016年末にSMAPが解散して以来、木村さんはゲストとして忌野清志郎さん(享年58)を悼むイベントに出演し、歌声を披露したことはありましたが、自身のライブは一度も行っていませんでした。2015年のSMAPでの名古屋公演以来、5年ぶりのライブになります」(芸能関係者)

 SMAPファンの心残りのひとつに、解散騒動のため結成25周年を記念するライブがなかったことが挙げられる。それぞれが別の舞台で活躍するようになっても、ファンにとってやはりライブは特別だ。

 その日、満員の会場で「おかえり!」「待ってたよ!」という声が飛び交ったことからも、待ち続けた時間の長さがしのばれる。一方で、

「アーティスト路線を展開する木村さんですが、ソロだとどうしてもSMAP時代と比べられてしまうのではないか」(テレビ局関係者)

 と不安視する声も一部ではあった。だが、その声は一瞬でかき消えた。

 1曲目は、木村が考案した青く光るペンライトが観客の手で輝く中、始まった。『Flow』を歌い始めると会場は一気に木村の世界観に染まる。

 木村は新アルバムの曲を中心に20曲を歌い上げたが、最もファンを狂喜乱舞させたのは、9曲目の『SHAKE』だった。SMAP23枚目のシングルで、1996年のヒット曲。観客は総立ちになり、サビでは大熱唱。この日、いちばんの盛り上がりだった。

 冒頭の「プルゥーハー」という雄叫びで、ファンは大絶叫。歌詞を「今夜のライブは気持ちがいいもんだ」と変えるSMAP時代のお決まりも披露、当時と変わらないダンスも会場を熱くした。

 アンコール1曲目は「タクヤ」コールが響く中、木村が『夜空ノムコウ』の冒頭をアカペラで歌い上げる。観客は静まり返り、感極まって涙するファンの姿も見られた。

「SMAPといえば『世界に一つだけの花』がありますが、あれは5人それぞれが歌う5人の曲というイメージが強い。木村さんはファンの思いを考えかなり悩んだと思いますよ。それで木村さんカラーがもともと強めだった『SHAKE』と『夜空ノムコウ』を選んだんでしょう」(前出・芸能関係者)

 木村主演の人気ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)の主題歌『LA-LA-LA LOVE SONG』も歌い、まるごと木村が凝縮された135分はアッという間に感じるほどだった。

◆『夜空ノムコウ』を選んだ理由

 解散後、SMAP時代の曲を木村が初めて歌ったことにネット上には《どうして木村くんだけ歌うの?》《「新しい地図」の3人は歌えていないのに》というファンもいた。

 そうした疑問を抱かれるであろうことは、木村自身もわかっていたはず。それでもSMAPの曲を歌う決意は固かった。

後ろ姿もキマッてる

ソロとして初めてのライブツアー

関連記事

トピックス