• TOP
  • 芸能
  • 小倉優子、ママタレとしての今後は? それでも盤石の理由

芸能

2020.03.16 16:00  NEWSポストセブン

小倉優子、ママタレとしての今後は? それでも盤石の理由

交際が発覚した2018年夏。すでに小倉も子供もA氏を「パパ」と呼んでいた

「テレビ離れが叫ばれる中、今や視聴率のカギを握るのは主婦とシニアです。北斗晶やくわばたりえのように、主婦目線のコメントをするタレントは情報番組には欠かせない存在。その点、もうすぐ3人目の子供が生まれる小倉優子なら“主婦代表”としてうってつけですし、仮にまた離婚しても、シングルで3人の子持ちとなれば、仕事をしながら子育てに奮闘する姿に共感し応援しようという人も多いはずです。しかも彼女はシニアにも知名度がありますから、今回、“復縁”という形になっても離婚という結論になっても、騒動が落ち着きさえすればママタレとして今までどおり声が掛かるでしょう」(番組制作関係者)

 一方、ベテラン芸能記者の石田春男氏は、別の観点から小倉が安泰であると指摘する。

「結論から言えば、小倉のママタレとしてのポジションは揺るがないでしょう。というのも、ママタレ界隈はここ最近スキャンダル続きだからです。“好きなママタレ”ランキングの上位常連だった木下優樹菜は、タピオカ店の恫喝騒動で休養を余儀なくされましたし、つい先日、第2子出産を発表した安田美沙子は、事務所とのトラブルが発覚し、こちらもしばらく活動が滞りそうです。もちろん、小倉もスキャンダルに見舞われたわけですが、夫婦関係の問題なので、活動休止につながるような話ではありません。昨今、イメージダウンにつながりがちな不倫騒動でもない。

 小倉はもともと、前の夫と離婚後に“シングルマザーとして2人の子を育てる健気なママ”、さらには“長男を有名私立小に入れたお受験ママ”として評価が急上昇し、ママタレとして引っ張りだこになっています。今回の報道で、そういった評価が特段変わるわけではありません。

“こりん星”という突拍子もないキャラ設定で厳しい芸能界を渡り歩いてきた彼女なら、再び離婚したとしても、バツ2という要素もしたたかに“商売道具”にしてしまうはずです。夫側の反論が出てきているので、予断を許さない状況ではありますが、芸能界を長年渡り歩いてきた経験を活かして、今回の騒動もプラスに変えていくはずです」(石田氏)

 かつて、こりん星を“爆発”させるという手法でお姫様キャラを捨て去った“ゆうこりん”。今後、ママタレとしてどんな形で”復帰”していくか注目だ。

ベビーカーを押すA氏と小倉(2018年8月)

関連記事

トピックス