• TOP
  • ライフ
  • 新型コロナで重症化する人としない人、分けるものは何か

ライフ

2020.03.17 07:00  週刊ポスト

新型コロナで重症化する人としない人、分けるものは何か

高血圧の人は体調管理が重要になってくる(写真/AFLO)

 新型コロナウイルスの感染者で重症化する人と、しない人を分けるものは何なのか。国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議によると、日本国内での感染者の症状は微熱、咽頭痛、咳などの普通の風邪症状から始まり、その段階で重症化するかどうかを見極めるのは難しい。

 また、重症化する患者は風邪の症状が出始めてから5~7日程度で症状が急変して肺炎にいたり、入院期間は約3~4週間に及ぶことが多い。重篤となるケースでは、人工呼吸器による治療だけでなく、人工心肺を用いた集中治療が必要になることがある。

 重症者の割合自体は、決して多くない。厚労省が公表するところでは、PCR検査が陽性で症状のあった503人のうち、重症者の割合は約5%(3月11日時点)。

 東京都は特設HPを設けて感染者の情報を詳細に公表しているが、検査で陽性だった73人のうち、重症化は7人。すでに亡くなった人が2人となっている(3月11日時点。その他は軽症および中等症が42人、退院が22人)。亡くなったのは80代と90代という高齢の男性。その一方、検査で陽性だったものの、症状が軽くて既に退院した人には20代男性や30代の男女から、70代の男女まで、幅広い年代が含まれている。

 3月1日には、千葉県船橋市に住む20代の男子大学生と、その母親で神奈川県に住む50代女性、さらに大学生の祖母にあたる70代女性という3世代での感染が確認されたが、大学生とその母親は軽症で、70代の祖母だけが重症であることが明らかになった。2月に都内での初めての感染者として確認された70代男性のケースでも、後に感染が判明した神奈川県に住む80代の義母が重症化し、亡くなっている。感染症指定医療機関に勤務するA医師がいう。

関連記事

トピックス