街ではさまざまな人がマスク買占め(写真/AFP=時事)

 暴力団が頻繁に中国へ出かけていたのは5年ほど前である。ヤクザは自分の好きな焼酎を海外へも持参し、現地の有名レストランに持ち込むなどトラブルメーカーなので、こうしたワガママ三昧に対応できる業者の情報が共有され、ヤクザ御用達の旅行代理店や現地ガイドも誕生した。お目当ては最低賃金で酷使できる技能実習生集めやインターネットカジノの拠点作り、美術品など高額商品の売買、闇での臓器売買など多岐にわたったが、単発の博奕のようなもので、長期的な利益を生み続けるシノギはほとんどなかった。

 今回、中国人観光客を使って日本国内でマスクを買い占めたマカオの組織幹部は「日本のヤクザは態度がでかい割に根性がない。言葉が喋れずハングリーさもない。今回もヤクザは儲け話に乗り遅れた」と辛口である。日本でもマスクの売り切れが続くようになると、このマカオの幹部はヤクザにも声をかけたという。

「結局、どこにも売ってないとヤクザはマスクを集められなかった。中国人マフィアならこの機会に盗んでも集めようとするのに」

 国内で陽性患者が増え、マスクの転売が話題になると一部の組員は、“ラクして稼ぎたい”と考えたようで、あの手この手の儲け話が流れてきた。「中国政府公認の検査キットを手に入れたから医療関係者を紹介してくれ」「利用者減でLCC(格安航空会社)が国際線乗り放題の年間パスを売っている」など、ヤクザお得意の「カネを先にくれ」という詐欺の話ばかり。

 挙げ句の果てには、〈引退された親分の姐さんからです〉と、題された“コロナウイルス対策”の文面がLINEで転送され始める。今回の騒動で出回った有名なデマの“ヤクザバージョン”だ。姐さんの知り合いが武漢のコロナウイルスの研究者で、〈武漢ウイルスは耐熱ではなく56度以上で殺される〉と続く。高齢化が進み、定例会や盃事など集団で集まることが多いヤクザにとって、一般人以上に目に見えないウイルスへの恐怖を感じている表れだろうか。

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン