• TOP
  • 国際情報
  • 武漢でコロナ封じ込め辣腕奮った公安省次官 突如失脚の背景

国際情報

2020.05.10 07:00  NEWSポストセブン

武漢でコロナ封じ込め辣腕奮った公安省次官 突如失脚の背景

功労者が謎の失脚

 中国共産党当局が4月中旬、中国公安省の孫力軍次官を「重大な規律違反と違法行為の疑い」で身柄を拘束して調査していることが明らかになった。孫氏は1月下旬から身柄を拘束されるまでの約3か月間、新型コロナウイルスの発生源とされる湖北省武漢市に派遣され、警察官僚のトップとして、感染抑止の指揮を執るとともに、市内の治安維持を陣頭指揮した“功労者”といえる。しかし、孫氏は習近平閥の“太子党”と対立する“上海閥”の一員であることが判明したことで、両派の権力闘争の生贄になったとみられる。

 孫氏は1969年1月、山東省青島市で生まれの51歳で、公安省で6人いる次官のなかでも、最も重要な国内の治安維持を担当する「公安省第1局」の責任者であるばかりでなく、公共衛生管理学の専門家でもある。

 30代の若い時期に世界保健機関(WHO)の奨学金を得て、オーストラリアのサウスウェールズ大学に留学し、修士課程を修了し学位を取得していることもあって、孫春蘭副首相とともに、武漢に派遣され、医学の専門知識を活かしてきた。

 その一方で、武漢で行われた警察官などの共産党入党式に参加したり、警察官の社会治安維持の任務を指揮するなど、警察官僚としての活動も積極的に務めており、孫春蘭副首相の覚えもめでたかったという。

 このため、孫力軍氏にとってみれば、今回の武漢での働きで、北京に戻れば、出世間違いなしと思っていた矢先に公安省本部から「帰朝命令」が出たことで、期待に胸を弾ませての北京入りだったことは想像に難くない。ところが、孫氏を待っていたのは「裏切者」「党内のがん」などの罵声だった。

関連記事

トピックス