マスク姿で颯爽と

「理汰郎くんは、名門私立小学校に通っているのですが、保護者のなかには、“理子さんはブログを熱心にやっているから、自分たちのことも書かれてしまうかもしれない”という理由で、距離を置きたがる人も少なくないんです。理子さんはそれに気づいていて、ただでさえ肩身が狭い思いをしているのに、そこに夫のコロナ騒動で世間から批判を浴び、さらに立場が悪くなってしまいました」(前出・理子の知人)

 石田は世間のバッシングと妻の怒りを受け止める日々。それに加えて、今後の仕事も先行き不透明な状況だ。

「石田さんは、もともと新商品発表会や映画イベントなどに引っ張りだこでした。石田さんクラスなら1時間程度のイベントで数百万円が稼げるため、コスパのよい仕事で、貴重な収入源になっていたはずです。でも、コロナ騒動によるイメージ低下の影響は非常に大きく、今後は企業側が石田さんの起用を躊躇する可能性もある。現に“CMをおろせ”などというクレームもあるようです」(広告代理店関係者)

理汰郎くんは日中のランニングが日課。理子は下の子を自転車の後ろに乗せて伴走

 いちばん下の子はまだ2才。3人全員を大学まで私立で、となれば、莫大な教育費がかかる。

「家族が暮らす一戸建ての住宅ローンは完済しているようですが、子供たちの教育費に石田家はかなりのお金を費やしています。出口の見えない状況に、石田さんは不安を抱いているようです。そんな石田さんを支えているのが、理子さんなんです。怒ってはいてもそこは夫婦ですし、理子さんはとてもポジティブな人。夫婦で協力して、生活を維持していくことを考えています。今回は命の危機もあったので、助かってくれてよかったという思いが強いんです。ただ、監視はさらに厳しくなるでしょうけどね(笑い)」(前出・理子の知人)

※女性セブン2020年6月4日号

関連記事

トピックス

絶頂期のブルゾンちえみ。2017年撮影(時事通信フォト)
《ブルゾンちえみ》独立で芸名使えなくなった藤原しおり「SNS全閉鎖」の背景に“苦渋の決断”
NEWSポストセブン
サンゴの粉で
小雪が実践する「サンゴの粉で洗濯」 環境保全のためのはずが逆効果になってしまうことも
女性セブン
65才の2人を目撃
《65才とは思えない》ピンク・レディーのミーとケイ「すごい現役感」驚愕の私服姿
NEWSポストセブン
シャンパンファイトでは率先して輪の中心に(写真/共同通信社)
大谷翔平の食生活 得意料理はパエリア、酒は飲めるが必要性を感じないため飲まない
女性セブン
立候補した岸信千世(時事通信フォト)
岸信千世氏 当選前に会費1人2万円の大規模政治資金パーティー、お土産はドリップコーヒーパック1箱
NEWSポストセブン
みきママが離婚発表、“シングルファーザー宣言”の元夫に直撃 親権は「まだ決まってない」
みきママが離婚発表、“シングルファーザー宣言”の元夫に直撃 親権は「まだ決まってない」
女性セブン
除名されたガーシー氏(時事通信フォト・旧NHK党)
《キャラ変》ガーシー容疑者が「暴露系YouTuber」引退宣言 今後は「ドバイのおいしい店情報」発信へ
NEWSポストセブン
スーツ姿のサマになる(2022年。写真/共同通信社)
大谷翔平、ブランドと契約し「チームでいちばんダサい」から脱却 ヘアカットは水原通訳と近所の理髪店
女性セブン
「中村さん」と呼んでいた水トちゃん
水卜麻美アナの結婚秘話 中村倫也が交際バレないために芸能人御用達マンションに引っ越し、呼び方は「中村さん」
女性セブン
岸谷香&五朗の長男が
岸谷五朗&香夫妻の長男が、金髪ロン毛、口ピアスのYouTuberになっていた「小室圭さんを救いたい」発言も
女性セブン
リラックスした表情に多くのファンが胸キュン(左は水原氏。写真/共同通信社)
大谷翔平「バルコニーにジャグジー」「愛車はポルシェ」のカリフォルニア生活「近づくといい香り」証言も
女性セブン
介護ポストセブンがキャンペーンを実施中
【Amazonギフト券総額10万円分プレゼント!】無料読者会員サービス「介護のなかま」大募集!
NEWSポストセブン