• TOP
  • スポーツ
  • 今季プロ野球は120試合 はたして記録に“注釈”は必要か

スポーツ

2020.05.30 16:00  NEWSポストセブン

今季プロ野球は120試合 はたして記録に“注釈”は必要か

 この時点、つまり2リーグ分裂以降の13年間で、セパが試合数や引き分けの扱い方など同一条件でペナントレースを戦ったのは、わずか2回しかなかった。

 紆余曲折を経て、1969年から両リーグとも130試合制で落ち着いた。1997年からは135試合制になり、交流戦開始の2005年は146試合制に。2015年から昨年までは143試合制だった。この間も、多少の増減や延長15回引き分けの場合は再試合などのルールも存在した。

 それでも、プロ野球の記録は1950年も2019年も同等に扱われてきた。昨年、新人最多安打が話題になった。近本光司(阪神)が159安打を放ち、1958年の長嶋茂雄(巨人)の153安打を抜き、セ・リーグの新記録を樹立した。ただ、近本は143試合制、長嶋は130試合制と実に13試合もの差がある。日本記録は、1956年の佐々木信也(高橋ユニオンズ)の180安打である。この年のパ・リーグは8球団制であり、154試合を行なっている。試合数が増加しない限り、今後も佐々木のヒット数は抜けないだろう。

 120試合制になる今季、突如として“注釈”の話題が出てきた理由の1つに、高打率が予想されることが挙げられる。NPBのシーズン打率の順位を見てみよう(順位、名前、所属、打率、チーム試合数)

【1位】ランディ・バース(阪神):3割8分9厘、1986年、130試合(出場126)
【2位】イチロー(オリックス):3割8分7厘、2000年、135試合(出場105)
【3位】イチロー(オリックス):3割8分5厘、1994年、130試合(出場130)
【4位】張本勲(東映):3割8分3厘4毛 1970年、130試合(出場125)
【5位】大下弘(東急):3割8分3厘1毛、1951年、102試合(出場89)

 イチローはシーズン210安打の1994年よりも、日本最終年で153安打の2000年のほうが打率は高い。ただし、1994年はフル出場で616打席に立ったが、2000年は8月27日にケガをしたため、105試合出場で459打席に留まっている。

 今年、もし120試合フル出場で、イチローの打率を超える選手が出現し、パ・リーグ記録を作った場合、“注釈”を付けたら違和感が生じるだろう。

関連記事

トピックス