天才とはIQが高いだけではなく偉大な業績を上げた人のことだという(写真/GettyImages)

◆天才には“未来が見えている”

 改めて、オードリー・タン氏の半生を追ってみよう。タン氏は1981年、メディアで働く両親のもとに生まれた。自由な教育方針でのびのびと育ち、幼い頃から父の書棚にある数学や哲学の本を読み漁っていたという。

 小学校入学後、類いまれな知性は隠しきれるものではなく、IQを測定する知能テストでは、そのとき使われた測定法の限界値の160を超えたという。タン氏が紹介される際「IQ180」とよくいわれるが、それはあくまで推測値。本人は、自分のIQが話題になると「私の身長(180cm)とIQを混同していませんか」とジョークにしている。

 そんなユーモアも持つタン氏だが、学校生活は苦痛な日々だったという。

「学業では常にトップで、あまりに聡明すぎたため、同級生から敵視されることが多かったそうです。教育熱心な家庭の多い台湾では、子供たちの間で常に激しい学力競争がある。いつもトップの成績だったタン氏は“あなたが死ねば、私は1番になれるのに”と同級生に言われたこともあったそうです。

 そうしたことが重なり、14才で中学校中退を決意。ですが、学校を離れたことで気づいたのは“学校で得られる知識は、インターネットで知り得ることに比べて10年は遅れている”というものだったそうです」(前出・国際ジャーナリスト)

 学校で学ぶものはない──。そんな結論にたどり着いたタン氏は16才でコンピューター会社の経営に携わり、社会へと足を踏み出した。そのわずか3年後には、19才で米シリコンバレーにIT企業を創業した。

「起業後もその活躍はめざましく、米アップル社のデジタル顧問など、数々の役職を歴任しました。当時アップルと結んだ契約は『時給=1ビットコイン(仮想通貨)』というもの。そのころ、1ビットコインは日本円で5万~6万円でしたが、現在は100万円以上に高騰しています。それを予測した上での契約だったのでしょう」(台湾在住ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト