では、豪邸はなんのため? つらく当たってもなお、歌舞伎の道にしがみつき続けてくれた長男への贖罪の思いか。それとも、もっと現実的な話、相続税対策なのだろうか。税理士の西津陵史さんは、こんな見立てをする。

「相続税対策の可能性は考えられます。猿翁さんがこの土地を購入したのと同じ日に、この土地を担保にして、猿翁さんと香川さんの事務所が2億円の根抵当権を設定しています。これは会社の価値を下げる行為ですが、そうすることで相続税の圧縮を試みた可能性があります。また、土地の広さが今回のような場合、諸条件が満たされれば、相続の際に家の評価額を最大で8割引き下げることができます。これはかなりの節税効果になります」

 一昨年にはアパレル会社を起業し、起業家としての一面も見せる香川にとって、財テクはお手の物ということか。ただ、その家の魅力は資産価値だけではなさそうだ。

「新築の豪邸には、お稽古場も作っていて、稽古はもちろん、歌舞伎の映像資料を見ながらの勉強もできます。團子くんもA子さんの家から足繁く通っているそうですよ」(前出・別の梨園関係者)

 しかし、團子くんが通う祖父の新邸には、香川とともに引っ越しの挨拶をした女性が同居している。稽古場は父と女性の新居でもあるのだ。

「團子も、もう16才ですからね。父親とは、仕事でつきあうときとプライベートで向き合うときとで距離感を変える努力はしています。豪邸ゆえ稽古場は、生活スペースと離れた場所にあり、女性とは顔を合わせずに済むような配慮もされていると聞いています」(前出・別の梨園関係者)

 6月下旬、霧雨吹き付ける梅雨寒のなか、團子くんを乗せた香川の車が自宅に戻ってきたところで、同居する女性について話を聞いた。

「新しいパートナーなんていませんから! 最初の記事が出された時点で終わった関係です。もう何も関係なくなってます。引っ越しの挨拶のときにはいた? それはいろいろありますから」

 猿翁名義の家に香川が住む理由を聞いても、「ここは父の家ですが、それはいろいろと体調もありますし」と、歯切れが悪い答えを残し、日本舞踊の先生が待つ稽古場へと入っていった。恩讐の彼方には何が遺るのだろうか。

※女性セブン2020年7月9日号

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト