スポーツ

アルファタウリで働く日本人女性マネージャー F1最前線と角田裕毅を語る

角田選手

角田選手はNEWSポストセブンの取材で、戦ってみたい相手としてハミルトンとフェルスタッペンを挙げていた

──多くのスポーツ選手を見てこられた本村さんから、デビューする角田選手にかける言葉はありますか?

本村:私のこれまでの経験から言わせてもらうなら、有名になればなるほど、スポーツ選手には良くも悪くもいろんな大人が集まってきます。そのなかで、自分を見失わずにいることがいちばん大切ではないかと思います。

──最後に、本村さんのおすすめのレースを教えてください。

本村:シンガポールのナイトレースと、アブダビのトワイライトレースが私はとくに好きですね。アルファタウリのマシンは、夕暮れに美しく映えると思います。モンツァはホームなので盛り上がるのですが、私は忙しすぎて記憶がない(笑)。ありがたいことです。そして今年は鈴鹿に行って、日本のファンのみなさんにお会いしたいです。

◆本村由希(もとむら・ゆき)
1983年千葉県生まれ。日本で大学を卒業後、ロンドン留学などを経て、イングランドプレミアリーグのサッカークラブに勤務。スポンサーセールスやマーケティングを担当する。2019年よりスクーデリア・アルファタウリ・ホンダでスポンサーキーアカウントマネージャーとして全レースに帯同。海外での就職や仕事内容、紆余曲折については「SPORT GLOBAL https://sportglobal.jp/」で詳しく語っている。

◆取材・文/砂田明子

関連記事

トピックス