芸能

「リコカツ」「大豆田」「コント」人間関係描く3作が若者に響いた理由

(番組ホームページより)

“リコカツ”で深まる男女関係を描いた(番組ホームページより)

 4月期の連続ドラマが続々と最終回を迎えた。平均視聴率ではフジテレビ系『イチケイのカラス』、TBS系『ドラゴン桜』、テレビ朝日系『桜の塔』が10%超と好評だったが、それとは別に、「あまりテレビを観ない」と言われる若者たちの間で話題になった作品があるという。メディア研究が専門のジャーナリスト・水島宏明氏(上智大学文学部新聞学科教授)が、放送を終えたばかりの連続ドラマ3作品について考察する。

 * * *
 職業柄、20歳前後の若者たちと雑談することが多い。特にテレビ好きの女子学生とよく話すが、そこで気がつくことがある。それは彼らが「他人との距離」に対してとても敏感だということだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン授業が急増して若者たちの生活環境が大きく変化している。顔と顔を合わせる対面のやりとりが減るなかで心身に変調をきたしてしまう人が目立っている印象だ。仲がよい友人同士だったはずが、突然、 連絡を切ってしまう人が出てくるなど「人と人との距離」の持ち方で悩んでいる人は少なくない。他の人と「ほどよい距離感」がある“いい関係”についてかつてないほど関心が強くなっているように感じる。

 友人や恋人と本当の意味で“いい関係”を持ちたい。心の底で結びつくような強い絆がほしい。だが、SNSでのやりとりで人間関係が決まる現代の人間関係はとても繊細でちょっとしたことで壊れかねない。そんな時代のなか、若者たちはテレビドラマに人間関係のモデルケースを見出そうとしているのだろうか。

 若者たちの会話で彼らが夢中になっていると感じていた上半期の連続テレビドラマが完結した。TBS系の『リコカツ』。フジテレビ系の『大豆田とわ子と三人の元夫』。日テレ系の『コントが始まる』。この3つのドラマだ。

 共通するのは夫婦や恋人、親子や友人といった大切な人間同士の「関係」や「距離感」が主要テーマになっている点だ。妻や夫、恋人などの「肩書き」や「資格」にこだわらない「本当の意味での“いい関係”」を追求するドラマだった。

 登場する人物たちはどれもが「立派な人」ではなく、どこか抜けていて世間の常識をやや逸脱した面がある人たちだ。だからこそ、自分の本音に忠実に生きようとしてもがいている様子に共感できる仕組みになっている。そんな登場人物に対して、若者たちは自分の周囲の人間関係と重ねあわせてドラマを見ているらしい。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン