• TOP
  • 芸能
  • 「リコカツ」「大豆田」「コント」人間関係描く3作が若者に響いた理由

芸能

2021.06.23 16:00  NEWSポストセブン

「リコカツ」「大豆田」「コント」人間関係描く3作が若者に響いた理由

 第9話で最初の夫の田中八作の店に現れたとわ子はこう語る。

(とわ子)「今さあ、この人素敵だなーって人とお別れしてきた。一緒にいて安心できる人だった」
(八作)「それはもったいないことしたね」
(とわ子)「そうなんだよね。でもしょうがない。欲しいものは自分で手に入れたい。そういう困った性格なのかなあ…」
(八作)「それはそうだよ。手に入ったものに自分を合わせるより、手に入らないものを眺めている方が楽しいんじゃない?」
(とわ子)「そうなんだよね。そっちの方がいいんだよね」
(八作)「うん……」
(とわ子)「1人で生きていけるけど、まあ、さびしいじゃん」
(八作)「うん」
(とわ子)「さびしいのは嫌だけど、でもそれで誰かと2人でいたって自分を好きになれなかったら、結局1人だしさ」
(八作)「そうだね」
(とわ子)「好きになれる自分と一緒にいたいし、1人でも幸せになれると思うんだよね」

 一言ひと言を噛みしめたくなるような深い会話が全編を貫く。とわ子と八作は今は亡きかごめと「3人で生きていく」ということを決意する。いろいろな経験を積んだ人たちが見るような大人のドラマだった。

 それに若い人たちが反応したのには驚いた。登場したとわ子と元夫たち、さらには亡きかごめとのような「なんとも言えない関係」に憧れているようでもある。互いに束縛や干渉しすぎず、自由もあるほどほどの距離感をもった“いい関係”。

 八作を含めてとわ子のことに過剰に干渉したがる元夫たちも、とわ子のデリケートな思いは尊重して距離を置いて見守っているようでもある。とわ子にとっては今の元夫たちを含めた人間関係が「居心地がいい関係」なのだろう。

 それは誰もが望む現代社会における理想の関係なのかもしれない。このドラマを見た人はフィクションとは知りつつもこのような元夫たちが時々押しかけてくるような環境を夢想したに違いない。人間関係が希薄な今、従来の夫婦や恋人、友人の関係を超えた人間同士の“いい関係”を描こうとしたドラマに、敏感な若者たちが反応していることがわかった。

関連記事

トピックス