• TOP
  • 国内
  • 結婚関連儀式を行わない眞子さま 小室圭さんは両陛下と一生会わない事態も

国内

2021.10.03 07:00  女性セブン

結婚関連儀式を行わない眞子さま 小室圭さんは両陛下と一生会わない事態も

眞子さまのご覚悟は固い(昨年11月、撮影/JMPA)

眞子さまの結婚へと進まれ、儀式も行わないとされる(写真/JMPA)

 秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが10月26日に結婚することを宮内庁が発表した。婚姻届を提出後、同じ日に2人で記者会見するという。

  小室さんは9月27日、3年2か月ぶりに帰国した。母・佳代さんの金銭トラブルが解決しないまま、結婚に進むことになる──。

 日本の皇室はこれまで、長い時間をかけて国民との間に信頼関係を築いてきた。

「特に、天皇皇后両陛下は国民と共に歩み、国民の中に入っていくことを大切にしてこられました。そうした姿勢を見せ続けることで、国民からの敬愛を得られてきたのです。ですが、眞子さまの見せられた姿勢は反対に“皇室の支持基盤”そのものを崩しかねないものだと思います」(宮内庁関係者)

 それは、令和皇室のみならず、“次世代の皇室”にも影響を与えかねない。

「眞子さまのご結婚問題を、“秋篠宮家全体の問題”と捉える国民も少なくありません。すると、悠仁さまに対しても不信感が募る懸念があります。将来、悠仁さまが天皇となられたとき “眞子さまと同じ環境で育たれた悠仁さまが天皇で大丈夫なのか”といった声まで上がりかねず、将来の皇室へも大きな影響を与えることになるのです」(皇室ジャーナリスト)

 眞子さまはご結婚に伴う一時金を辞退される意向で、支給額を決める皇室経済会議も開かれない見通しだという。

「一時金が支給されないのは戦後初めての異例なこと。ですが、そうした前例を認めれば、いずれ悠仁さまが“一時金はいらないから、皇籍を離脱したい”といったことを言い出された場合、誰も止めることはできないのでは」(別の皇室ジャーナリスト)

 さらに前代未聞なのは、結婚関連儀式も見送る見通しだということだ。

「眞子さまが両陛下に感謝とお別れの意を伝える『朝見の儀』も、行われない可能性があります。朝見の儀はご結婚に関して両陛下にお出ましいただく唯一の機会です。そうした挨拶の機会さえ、眞子さまは“拒否”されているのでしょう」(皇室関係者)

関連記事

トピックス