芸能

松田聖子「私のせい」と憔悴 断絶と雪解けを繰り返した沙也加さんとの関係

ジュエリーブランドのショーに出席(2007年6月)

ジュエリーブランドのショーに出席(2007年6月)

 母と娘の関係は、時にこんがらがって複雑になる。母が自分と似ているところを娘に見つけ、自分が踏んだ同じ轍を踏ませぬよう、娘の失敗を事前に阻止してしまい、ぶつかり合う。沙也加さんの場合、母親が「松田聖子」であることが母娘の関係をさらにこじらせた。

 1997年に聖子が神田正輝(71才)と離婚すると、都内の私立小学校に通っていた沙也加さんは東京を離れ中学から千葉県内の私立中学校に進学。その後、聖子は6才年下の歯科医と再婚し、1999年に渡米した。沙也加さんはロスの日本人学校に入学したが、2000年、聖子の2度目の離婚を前に日本に戻り、千葉県内の中学校に復学した。多感な時期に、恋多き母のおかげで環境の変化を余儀なくされた沙也加さん。しかも聖子の娘ということで目をつけられ、私立中学の寮では壮絶ないじめにあった。

 2002年、15才で沙也加さんはSAYAKAとして歌手デビューした。だが周囲から「親の七光り」との視線を浴びて、偉大なる母の束縛から逃れることはできなかった。

「聖子さんは、サヤが小さい頃から、『私がいないとあの子は何もできないのよ』という思いが強く、サヤのライブで裏方としてビラ配りをすることも。私生活でも彼女の恋愛にたびたび口をはさみ、衝突することがありました」(前出・沙也加さんの知人)

母親の話は一切NG

 母と娘の亀裂が深まったのは2005年。当時18才だった沙也加さんが12才年上のミュージシャンと交際を始めると、聖子が「まだ若すぎる」と猛反対した。

「そのときのお相手はバツイチでした。18才の娘にはふさわしくないと反対する聖子さんに対し、沙也加さんが、『ママは好き勝手に恋愛しているのに、なぜ私だけダメなの』と猛反発。沙也加さんは、自宅を飛び出してマンションでひとり暮らしを始めました。さらに聖子さんとの話し合いの決着がつかないまま、見切り発車で芸能活動の休止を宣言して、周囲を驚かせました」(別の芸能関係者)

 このとき、沙也加さんはファンクラブのホームページで母からの自立をこう宣言した。

《私が生きているのは私の人生であり判断は自分自身でする物であると思っています》

 だが「一卵性親子」の絆は簡単には壊れなかった。

「確かにぶつかり合いは多かったけど、いつもギリギリのところで2人の関係は持ち直していました」(前出・沙也加さんの知人)

 そんな2人に決定的な危機が訪れたのは2014年だった。この年、沙也加さんは映画『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版でヒロイン・アナの声を担当し、伸びやかで澄んだ歌声が高い評価を受けた。映画はヒットし、沙也加さんは大ブレークを果たした。一方の聖子は個人事務所を辞めて、新事務所を設立した。

「聖子さんは2012年に歯科医のAさんと再々婚していましたが、新事務所には元恋人のマネジャー・Cさんを引き連れて独立しました。沙也加さんは何度も恋愛関係が報じられたCさんと聖子さんの関係を快く思っておらず、反省しない母親に三下り半を叩きつけました。当時の沙也加さんには、『アナ雪』の大ブレークで独り立ちを果たしたという自信もあったはずです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス