国内

皇后としての重責を知る美智子さま「雅子さまを守り通す」というお気持ち

皇室全体を気にかけられている

皇室全体を気にかけられている美智子さま(写真/時事通信フォト)

 美智子さまから雅子さまに“皇后のバトン”が託されてから、3年が経とうとしている。その間、ご自身なりの「令和の皇后像」を模索されてきた。快復の途上にあられる雅子さまに負の影響が及びそうなとき、防波堤になることができるのは、ほかでもない美智子さまだ。

「上皇陛下への礼を失する、誠に遺憾なこと」

 4月14日の定例記者会見の場で、宮内庁の西村泰彦長官が、語気を強めてある報道を否定する場面があった。

「背景にあるのは、上皇后美智子さまの、皇室の将来に対する憂慮のお気持ちです。報道内容が上皇陛下、そして皇后雅子さまにまつわる内容だったので、そのお気持ちはより強いものだったことでしょう」(宮内庁関係者)

 4月12日、上皇ご夫妻が、約2年間仮住まいをされた仙洞仮御所(東京・港区)を後にし、神奈川県の葉山御用邸に向かわれた。その日の天気は晴れ。近隣の住民や保育園児らの見送りを受けたご夫妻は、いまにも止まりそうなまでにスピードを落とした車の窓から、笑顔で何度も何度も手を振られた。仙洞仮御所での日々は、コロナ禍と重なった。

「ご夫妻は徹底した“おこもり生活”を送られました。接するのはごくわずかな宮内庁職員のみで、娘の黒田清子さん(紀宮さま)とも滅多にお会いにならなかったそうです。また、仙洞仮御所は敷地が狭いため、日課の散歩は、かなり窮屈に感じられていたはずです」(皇室記者)

 葉山御用邸の滞在は2週間ほどの予定だ。

「御用邸に到着したその日の夕方には御用邸裏にある海に面した『小磯の鼻』に散策に出かけられ、夕日が輝く“ダイヤモンド富士”をご覧になられたほか、集まった近隣住民と、久しぶりの触れ合いを楽しまれました」(前出・皇室記者)

 御用邸滞在中に引っ越し作業が進められ、4月下旬には赤坂御用地(港区)内の旧赤坂御所へと移られる。

「旧赤坂御所には、皇太子時代のお子さま方との思い出が詰まっています。赤坂御用地は存分な広さがあり、豊かな自然も広がっている。ご夫妻は、引っ越しを指折り待たれているのではないでしょうか」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン