国内

小室圭さんと眞子さんの帰国は宮内庁にとって好都合 警備費削減と「暴露阻止」の思惑

小室圭さんと眞子さんの帰国にはどんな影響が?(時事通信フォト)

小室圭さんと眞子さんの帰国にはどんな影響が?(時事通信フォト)

 4月15日、小室圭さんがアメリカ・ニューヨーク州で挑んだ二度目の司法試験に不合格だったと報じられた。次の試験は7月。「三度目の正直」を目指す小室さんだが、周囲からは夫婦の帰国を勧める声が上がり始めた。

 小室さんと眞子さんの日本帰国は、秋篠宮家にとってもプラスに働く可能性があると指摘するのは、皇室ジャーナリストの渡邉みどり氏だ。

「皇位継承者である悠仁さまにとって、姉が近くにいることは何よりも心の支えになるはずです。秋篠宮ご夫妻、佳子さまもそれは同じでしょう。目の届く日本で眞子さんが平穏に暮らしていれば、安心して公務に専念できると思います」

 かつて上皇后は、皇后時代にメディアの苛烈なバッシングに悩んでいた時、黒田清子さんが支えだったと話したことがある。秋篠宮家もまた、長女が傍にいることで救われることがあるだろう。

「将来的に眞子さんにお子様が生まれ、秋篠宮ご夫妻と民間人となった眞子さん夫妻、そしてお子様の3世代の交流が日本国内で目に見える形で増えていけば、国民の皇室への親近感が強くなる可能性はあります」(同前)

 宮内庁にとっても、夫婦が日本で暮らすことのメリットは計り知れない。そのひとつが「警備費」の問題だ。『週刊新潮』(2022年3月17日号)は、2月に自宅付近で銃撃事件が起きたことを受けて、小室さん夫婦の警備をNYの民間警備会社に委託する案が浮上していると報じた。警備費は外交機密費から出され、年間最大8億円にものぼるという。宮内庁担当記者が語る。

「治安の面やパパラッチ対策として、アメリカでも警備が必要だとする声は多い。少なくとも日本にいれば、身の危険を感じるような事件が起きる可能性は低いでしょうし、警備をするにしてもそこまで莫大な費用はかかりません」

 アメリカ暮らしに対する宮内庁の懸念材料は他にもある。現地メディアが仕掛ける小室夫妻の“暴露インタビュー”だ。トラウマとなったのは、2021年3月、米テレビ番組によるヘンリー王子とメーガン妃へのインタビューだったという。

関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン